東芝トップページ
本文へジャンプ
dynabook.com
個人・家庭向け情報企業向け情報サポート情報Room 東芝 サイトマップ

ダウンロード: モジュール情報 前画面へ戻る

dynabook Satellite J32,J31,J30シリーズ BIOSのアップデート

更新日: 2007.09.14
対応機種:
対象OS: Windows(R)XP、Windows(R)2000
カテゴリ: BIOS
バージョン: 1.70
ファイルサイズ: 1.23MB
※対応機種を必ずご確認ください。


内容

主な改善点は次の通りです。

 

■Ver 1.70 (2007.09.14)

  • CPUの冷却制御を最適化しました。

■Ver 1.50   (2005.09.28)

  • インテル社より提供された新しいマイクロコードに対応しました。
     
ダウンロードモジュール

■モジュールのダウンロードと解凍

  1. 下記にありますモジュール(ファイル)をクリックします。
    対応機種以外にはご使用になれませんのでくれぐれもご注意ください。

  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。

  3. モジュールをハードディスクの任意の場所(例:デスクトップ上)に保存してください。

対象機種

対象OS

モジュール

バージョン   

dynabook Satellite J32シリーズ
dynabook Satellite J31シリーズ
dynabook Satellite J30 シリーズ

Windows XP
Windows 2000
bios170.exe
( 約1.23MB )
1.70 (2007.09.14現在)

 

 

注意事項
  • 必ずACアダプタと電源コードを接続してから行ってください。
  • すべてのアプリケーションを終了させてから行ってください。
  • 不要な周辺機器は取り外した状態で行ってください。
  • パスワードは解除してからアップデートしてください。
  • コンピュータの管理者のユーザアカウントでログインして行ってください。
  • BIOS更新には数分かかることがあります。
  • アップデート実行中にプログラムを強制終了しないでください。
  • アップデート実行中はキーボードやタッチパッドに触れないでお待ちください。
  • アップデート作業終了後、ダウンロードしたファイルならびに作成したフォルダは、削除しても問題ありません。

この情報は予告なく変更されることがあります。ご了承ください。


 

アップデート手順

※対応機種以外にはご使用になれませんので、くれぐれもお間違えないようご注意ください。

■BIOSのアップデート

  1. ダウンロードしたモジュールをエクスプローラ等から実行します。
  2. 「BIOSを更新しますか?」のメッセージが表示され、上段にアップデート後のBIOSバージョン、下段に現在のBIOSバージョンが表示されます。[はい(Y)]ボタンをクリックします。
    (既にBIOSが更新されている場合、「BIOS更新は必要ありません。」のメッセージが表示されます。[OK]ボタンをクリックしてプログラムを終了してください。)
  3. 確認メッセージ画面が表示されます。上記の[注意事項]とあわせてご確認の上、[OK]ボタンをクリックしてください。BIOSアップデートが始まります。アップデート中はキーボードやタッチパッドに触れないでお待ちください。
  4. アップデート終了後、自動的に再起動しますのでそのままお待ちください。
    再起動後、Windowsの画面が表示されたら作業は終了です。

    以上でアップデート作業は終了です。

 

■BIOSのバージョン確認方法

  1. [スタート]ボタン→[(すべての)プログラム(P)]→[TOSHIBA]→[ユーティリティ]→[PC診断ツール]の順にクリックします。
  2. 「東芝PC診断ツール」画面が表示されましたら、[基本情報]タブにある「BIOSバージョン」でバージョンを確認します。
  3. 確認後は、[閉じる]ボタンをクリックして「PC診断ツール」を終了してください。

 

本画面の最上部へ戻る

dynabook.com TOSHIBA
Copyright(C)1995-2007 TOSHIBA CORPORATION,All Rights Reserved.