Realtek 顔認証対応IR(赤外線)カメラドライバの再インストール

更新モジュールの情報
更新日: 2017.10.18
対応機種:
上記モデルで顔認証対応IR(赤外線)カメラを搭載した機種
対象OS: Windows 10 Fall Creators Update
カテゴリ: ソフトウェア
バージョン: v10.0.15063.20006
ファイルサイズ: 約9.35MB

 

内容

主な内容は次の通りです。

v10.0.15063.20006 (2017.10.18)

  • リフレッシュやリセットを行った後、顔認証対応IR(赤外線)カメラやWindows Helloが動作を停止する場合がある現象の改善のため、Realtek 顔認証対応IR(赤外線)カメラドライバの再インストールを行います。

注意事項

  • 必ずACアダプタとACケーブルを接続してください。
  • 実行中のすべてのアプリケーションを終了させてから行ってください。
  • 不要な周辺機器は取りはずした状態で行ってください。
  • コンピュータの管理者のユーザアカウントでログインして行ってください。
  • アップデート実行中にプログラムを強制終了しないでください。
  • アップデート画面が表示されるまでに時間がかかる場合があります。
  • アップデート完了後、必ずコンピュータを再起動してください。

この情報は予告なく変更されることがありますので、ご了承ください。

アップデート手順

アップデート

  1. 本プログラムは東芝サービスステーションでインストールしますので、東芝サービスステーションを起動してください。東芝サービスステーションの使用方法は以下のFAQをご覧ください。
    「東芝サービスステーション Ver5」ドライバーやアプリなどの更新情報を確認し、インストールする方法<Windows 10>
  2. 東芝サービスステーションに表示された「Realtek 顔認証対応IR(赤外線)カメラドライバの再インストール」をクリックします。「Realtek 顔認証対応IR(赤外線)カメラドライバの再インストール」が表示されない場合は、再インストールは不要です。
  3. 「東芝サービスステーション」ソフトウェアの「ソフトウェアのアップデート(更新)」画面にある「インストール」ボタンをクリックします。
  4. 以後、「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[はい(Y)]ボタンをクリックします。
  5. 「TOSHIBA Archive Extractor」画面が表示されましたら、[開始]ボタンをクリックします。
  6. インストールが開始されます。
  7. インストールが終了したら[完了]ボタンをクリックします。Windowsが再起動します。
  8. Windowsが再起動したらアップデートは完了です。
別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright