東芝サービスステーション(V5.x.x.x)のアップデート

更新モジュールの情報
更新日: 2018.4.10
対応機種:
バージョン 5.0.0.6402以上、5.0.7.6402未満の東芝サービスステーションがインストールされているPC
対象OS: Windows 10
カテゴリ: ソフトウェア
バージョン: 5.0.7.2 (5.0.7.6402)
ファイルサイズ: 約50.2MB

 

内容

主な内容は次の通りです。

Ver.5.0.7.2 (2018.4.10)

  • ウェブカメラ搭載機種でWindows 10 Fall Creators Update 以上にアップデートすると、「トラブルシューティング」の「ウェブカメラ」でウェブカメラを検出できない現象を改善しました。

Ver.5.0.6.2 (2017.6.29)

  • ドメインにログオンするクライアントPCで使用される際、ドメインサーバーの負荷が高くなる場合がある現象を改善しました。

ドメインにログオンしない場合は、アップデートの必要はありません。

ダウンロード

ソフトウェアのダウンロードと保存

  1. 下記にあるソフトウェア(ファイル)をクリックします。
    対応機種以外にはご使用になれませんのでくれぐれもご注意ください。
  2. 使用許諾契約の画面をご確認いただき、[同意する]をクリックします。
  3. ソフトウェアをハードディスクの任意の場所に保存します。(例:デスクトップの上)

    以降の「アップデート手順」では、ソフトウェアを「デスクトップ」に保存したとして説明します。
ソフトウェア
TCH0311800J.exe (約50.2MB)

注意事項

  • 必ずACアダプタとACケーブルを接続してください。
  • 実行中のすべてのアプリケーションを終了させてから行ってください。
  • 不要な周辺機器は取りはずした状態で行ってください。
  • コンピュータの管理者のユーザーアカウントでログインして行ってください。
  • アップデート実行中にプログラムを強制終了しないでください。
  • アップデート作業終了後、ダウンロードしたソフトウェアならびに作成したフォルダは削除しても問題ありません。

この情報は予告なく変更されることがあります。ご了承ください。

アップデート手順

アップデート

  1. デスクトップに保存したソフトウェアをダブルクリックして実行します。
    ※拡張子(.exe)は、ご使用の環境により表示されない場合がございます。
  2. 「TOSHIBA Archive Extractor」画面が表示されますので、[開始]ボタンをクリックします。
  3. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[はい(Y)]ボタンをクリックします。
  4. 「古いバージョンのソフトウェアがインストールされています。それを削除して新しいバージョンをインストールしますか?」画面が表示された場合は、[はい(Y)]ボタンをクリックします。
  5. 「TOSHIBA Service Station用のInstallShield ウィザードへようこそ」画面が表示されましたら、[次へ(N)]ボタンをクリックします。
  6. 「プログラムをインストールする準備ができました」画面が表示されましたら、[インストール(I)]ボタンをクリックします。
  7. 「InstallShield ウィザードを完了しました」画面が表示されますので、[完了(F)]ボタンをクリックします。

以上でインストール作業は終了です。

バージョンの確認方法

  1. コントロールパネルを開きます。手順は「コントロールパネル」を表示する方法<Windows 10> 【動画手順付き】を参照してください。
  2. 「コントロールパネル」画面で「プログラムのアンインストール」をクリックします。
  3. プログラムの一覧から、[TOSHIBA Service Station]をクリックします。
  4. 下側に表示されている”製品バージョン:”が5.0.7.6402 と表示されていることを確認します。
  5. 表示されている画面をすべて閉じます。

以上で作業は完了です。

別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright