東芝トップページ
本文へジャンプ
dynabook.com
ダウンロード > モジュール情報
前画面へ戻る

dynabook SS M50シリーズ Windows Vista アップグレードモジュール

更新日 2009.02.12
対応機種
対象OS Windows Vista(R)
カテゴリ アップグレードモジュール
バージョン -
ファイルサイズ -
 
※対応機種を必ずご確認ください。
説明
Windows Vistaに対応したドライバやソフトウェアをインストールする方法を説明しております。
ご使用の機種と該当機種が同じである事を確認したうえで、モジュールをダウンロードして作業してください。


Windows Vista関連情報については、以下のリンクをご参照ください。
http://dynabook.com/assistpc/osup/vista/index_j.htm



共通注意事項



内容

  名称 バージョン ファイル
サイズ
説明 注意事項
Intel Chipset SW Installation Utility Ver 8.7.0.1007 2.12MB 「Intel Chipset Software Installation Utility」というチップセットドライバがインストールされます。  
Intel(R) Turbo Memory Driver and Intel(R) Matrix Storage Manager Ver 1.7.0.1029 31.1MB 「Intel(R) Turbo Memory Driver」は、Intel(R) Turbo Memoryを動作させるためのドライバです。Vistaをより高速に動作させることが可能となります。「Intel(R) Matrix Storage Manager」は、Intel製のIDEドライバです。SATAのHDDに対して、AHCIモードでの動作やNCQをサポートします。 また、Intel(R) Turbo Memoryを動作させるために必要となります。 Intel(R) Turbo Memoryが内蔵されていない場合には、「Intel(R) Matrix Storage Manager」だけがインストールされます。
ディスプレイドライバ Ver 7.15.10.1502 19.8MB 「ディスプレイドライバ」がインストールされます。  
サウンドドライバ Ver 4.36.7.50 13.3MB 「サウンドドライバ」がインストールされます。 再インストールで表示言語が英語になることがあります。その場合は、コントロールパネルのSmart Audioアイコンをクリックして、SettingsタブのLanguageを日本語に変更してください。
モデムドライバ Ver 7.73.00.00 2.33MB 「モデムドライバ」がインストールされます。続けて「Modem Region Select Utility」をインストールしてください。 モデム搭載モデルのみ
Modem Region Select Utility Ver 2.2.3.x(RST223MAC03) 307KB 「Modem Region Select Utility」がインストールされます。「モデムドライバ」を先にインストールしてください。 モデム搭載モデルのみ
LANドライバ Ver 10.57.13.3 22.7MB 「LANドライバ」がインストールされます。  
Atheros無線LAN ドライバ Ver 7.6.0.164.1.v3264 18.0MB 「Atheros無線LANドライバ」がインストールされます。 Atheros無線LANモデルのみ
東芝無線LAN 5GHz有効無効ツール Ver 1.4.32.0-6 2.76MB 「東芝無線LAN 5GHz有効無効ツール」がインストールされます。 IEEE802.11abgモジュール内蔵モデル、IEEE802.11abgnモジュール内蔵モデルのみ
タッチパッドドライバ Ver 10.1.7 28.5MB 「タッチパッドドライバ」がインストールされます。  
カードリーダードライバ Ver 3.23 1.70MB カードリーダードライバ(O2)がインストールされます。  
TOSHIBA SD Memory Utilities Ver 1.8.1.4 4.99MB 「SD Secure Module」がインストールされます。SDメモリカードに対してSD規格に準拠したフォーマットを行ないます。フォーマットは「完全フォーマット」、「簡易フォーマット」の2種類のモードから選択できます。  
東芝フィンガープリントセキュリティ Ver 2.1.22.0 22.7MB 「東芝フィンガープリントセキュリティ」は、指紋をパソコンに登録することにより、登録した指紋の持ち主しかパソコンを使用できないように設定できるソフトウェアです。 指紋センサ搭載モデルのみ
TOSHIBA Value Added Package Ver 1.1.29 39.8MB 東芝製パソコンにおいて各種の設定を行なうためのユーティリティを提供します。これらをインストールして必要な設定を行なうことで、パソコンをより快適・安全に使っていただけるようになります。  
TOSHIBA Extended Tiles for Windows Mobility Center Ver 1.01 6.72MB 「Windows モビリティ センター」にコンピュータのロックを行なうためのボタンを追加します。  
東芝HDDプロテクション Ver 2.0.2.5 6.49MB HDDプロテクション機能の設定を行なうソフトウェアです。 加速度センサ搭載モデルのみ
TOSHIBA Management Console Ver 4.0(4.0.2) 11.6MB ハードウェア情報を管理するアプリケーションです。  
ConfigFree Ver 7.2.21 46.9MB ネットワーク設定についてのユーティリティ群です。 搭載されている無線LANのタイプによっては、同時に「Wi-Fi Protected Setup Library」のセットアップが行なわれる場合があります。
TOSHIBA Disc Creator Ver 2.0.1.3 7.56MB 音楽CD、データCD/DVD、ディスクバックアップの作成をするためのマスタリングソフトです。  
TOSHIBA Recovery Disc Creator Ver 2.0.0.2 4.59MB システムを再セットアップするためのCDまたはDVDを作成するためのツールです。 DVD書き込み機能のあるモデルの場合は、リカバリDVDの作成ができます。  
東芝HWセットアップ Ver 3.0.1.0 10.8MB 各種ハードウェアの設定を行なうソフトウェアです。  
東芝スーパーバイザパスワード Ver 3.0.1.0 6.51MB スーパーバイザパスワードの登録をしたり、設定を変更したりするユーティリティです。  
TOSHIBA DVD PLAYER (DVDビデオディスクプレーヤ) Ver 1.40.20 48.1MB DVDビデオディスクの映像を再生するためのアプリケーションソフトウェアです。  



モジュールのダウンロードとインストール方法

Intel Chipset SW Installation Utility

(1) バージョン情報

    Ver 8.7.0.1007

(2) 説明

    「Intel Chipset Software Installation Utility」というチップセットドライバがインストールされます。

(3) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50csuv.exe (2.12MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  4. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\chipset」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(4) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「Intel Chipset SW Installation Utility」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「chipset」フォルダ→「SETUP」フォルダの順に開きます。)
  4. 「setup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る


Intel(R) Turbo Memory Driver and Intel(R) Matrix Storage Manager

(1) バージョン情報

    Ver 1.7.0.1029

(2) 説明

    「Intel(R) Turbo Memory Driver」は、Intel(R) Turbo Memoryを動作させるためのドライバです。Vistaをより高速に動作させることが可能となります。「Intel(R) Matrix Storage Manager」は、Intel製のIDEドライバです。SATAのHDDに対して、AHCIモードでの動作やNCQをサポートします。 また、Intel(R) Turbo Memoryを動作させるために必要となります。

(3) 注意事項

    Intel(R) Turbo Memoryが内蔵されていない場合には、「Intel(R) Matrix Storage Manager」だけがインストールされます。

(4) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50imsmv.exe (31.1MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  4. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\iMSM」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(5) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「Intel(R) Turbo Memory Driver and Intel(R) Matrix Storage Manager」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「iMSM」フォルダ→「SETUP」フォルダの順に開きます。)
  4. 「setup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る


ディスプレイドライバ

(1) バージョン情報

    Ver 7.15.10.1502

(2) 説明

    「ディスプレイドライバ」がインストールされます。

(3) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50dspv1.exe (11.7MB)
ssm50dspv2.exe (8.13MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 全てのモジュールを同様にして同じフォルダに保存してください。
  4. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  5. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\display」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(4) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「ディスプレイドライバ」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「display」フォルダの順に開きます。)
  4. 「setup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る


サウンドドライバ

(1) バージョン情報

    Ver 4.36.7.50

(2) 説明

    「サウンドドライバ」がインストールされます。

(3) 注意事項

    再インストールで表示言語が英語になることがあります。その場合は、コントロールパネルのSmart Audioアイコンをクリックして、SettingsタブのLanguageを日本語に変更してください。

(4) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50sndv.exe (13.3MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  4. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\sound」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(5) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「サウンドドライバ」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「sound」フォルダの順に開きます。)
  4. 「setup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る


モデムドライバ

(1) バージョン情報

    Ver 7.73.00.00

(2) 説明

    「モデムドライバ」がインストールされます。続けて「Modem Region Select Utility」をインストールしてください。

(3) 注意事項

    モデム搭載モデルのみ

(4) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50mdmv.exe (2.33MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  4. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\modem」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(5) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「モデムドライバ」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「modem」フォルダの順に開きます。)
  4. 「setup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る


Modem Region Select Utility

(1) バージョン情報

    Ver 2.2.3.x(RST223MAC03)

(2) 説明

    「Modem Region Select Utility」がインストールされます。「モデムドライバ」を先にインストールしてください。

(3) 注意事項

    モデム搭載モデルのみ

(4) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50mrsuv.exe (307KB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  4. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\mregion」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(5) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「Modem Region Select Utility」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「mregion」フォルダの順に開きます。)
  4. 「tosmreg.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
    ※インストールウィザードは表示されません。コマンドプロンプトが閉じたらインストール完了です。

一覧に戻る


LANドライバ

(1) バージョン情報

    Ver 10.57.13.3

(2) 説明

    「LANドライバ」がインストールされます。

(3) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50lanv.exe (22.7MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  4. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\lan」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(4) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「LANドライバ」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「lan」フォルダの順に開きます。)
  4. 「setup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る


Atheros無線LAN ドライバ

(1) バージョン情報

    Ver 7.6.0.164.1.v3264

(2) 説明

    「Atheros無線LANドライバ」がインストールされます。

(3) 注意事項

    Atheros無線LANモデルのみ

(4) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50atwlv.exe (18.0MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  4. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\atwlan」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(5) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「Atheros無線LAN ドライバ」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「atwlan」フォルダの順に開きます。)
  4. 「AthInst.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る


東芝無線LAN 5GHz有効無効ツール

(1) バージョン情報

    Ver 1.4.32.0-6

(2) 説明

    「東芝無線LAN 5GHz有効無効ツール」がインストールされます。

(3) 注意事項

    IEEE802.11abgモジュール内蔵モデル、IEEE802.11abgnモジュール内蔵モデルのみ

(4) モジュールのダウンロードと解凍

ssm505gedv.exe (2.76MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  4. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\Wlan5GED」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(5) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「東芝無線LAN 5GHz有効無効ツール」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「Wlan5GED」フォルダの順に開きます。)
  4. 「setup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る


タッチパッドドライバ

(1) バージョン情報

    Ver 10.1.7

(2) 説明

    「タッチパッドドライバ」がインストールされます。

(3) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50tpdv1.exe (13.7MB)
ssm50tpdv2.exe (14.7MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 全てのモジュールを同様にして同じフォルダに保存してください。
  4. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  5. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\tpad」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(4) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「タッチパッドドライバ」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「tpad」フォルダの順に開きます。)
  4. 「setup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る


カードリーダードライバ

(1) バージョン情報

    Ver 3.23

(2) 説明

    カードリーダードライバ(O2)がインストールされます。

(3) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50sdv.exe (1.70MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  4. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\sd」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(4) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「カードリーダードライバ」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「sd」フォルダの順に開きます。)
  4. 「setup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る


TOSHIBA SD Memory Utilities

(1) バージョン情報

    Ver 1.8.1.4

(2) 説明

    「SD Secure Module」がインストールされます。SDメモリカードに対してSD規格に準拠したフォーマットを行ないます。フォーマットは「完全フォーマット」、「簡易フォーマット」の2種類のモードから選択できます。

(3) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50sdfv.exe (4.99MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  4. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\sdform」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(4) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「TOSHIBA SD Memory Utilities」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「sdform」フォルダの順に開きます。)
  4. 「SDUTY_V1.8.1.4.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る


東芝フィンガープリントセキュリティ

(1) バージョン情報

    Ver 2.1.22.0

(2) 説明

    「東芝フィンガープリントセキュリティ」は、指紋をパソコンに登録することにより、登録した指紋の持ち主しかパソコンを使用できないように設定できるソフトウェアです。

(3) 注意事項

    指紋センサ搭載モデルのみ

(4) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50finv.exe (22.7MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  4. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\fing」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(5) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「東芝フィンガープリントセキュリティ」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「fing」フォルダの順に開きます。)
  4. 「setup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。
(6) Password Bank機能・ファイル暗号化機能の設定
    ご購入の状態では、Password Bank機能・ファイル暗号化機能は“無効”になっています。
    これらの機能を使用する場合は、次の手順でインストールしてください。

  1. [スタート]ボタン→[コントロールパネル]をクリックします。
  2. [プログラムのアンインストール]または[プログラムの追加と削除]を選択します。
  3. [TrueSuite Access Manager]を選択して、[変更]ボタンをクリックします。
  4. 「ようこそ」画面が表示されます。[変更]をチェックして[次へ]ボタンをクリックします。
  5. 「機能の選択」画面が表示されます。追加したい機能をチェックし、[次へ]ボタンをクリックします。
  6. 「メンテナンスの完了」画面が表示されます。[はい、今すぐコンピュータを再起動します。]をチェックして[完了]ボタンをクリックします。
  7. コンピュータが再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る


TOSHIBA Value Added Package

(1) バージョン情報

    Ver 1.1.29

(2) 説明

    東芝製パソコンにおいて各種の設定を行なうためのユーティリティを提供します。これらをインストールして必要な設定を行なうことで、パソコンをより快適・安全に使っていただけるようになります。下記のユーティリティがインストールされます。

(3) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50tvapv1.exe (8.65MB)
ssm50tvapv2.exe (31.2MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 全てのモジュールを同様にして同じフォルダに保存してください。
  4. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  5. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\tvap」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(4) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「TOSHIBA Value Added Package」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「tvap」フォルダの順に開きます。)
  4. 「setup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る


TOSHIBA Extended Tiles for Windows Mobility Center

(1) バージョン情報

    Ver 1.01

(2) 説明

    「Windows モビリティ センター」にコンピュータのロックを行なうためのボタンを追加します。

(3) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50tmobv.exe (6.72MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  4. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\tmob」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(4) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「TOSHIBA Extended Tiles for Windows Mobility Center」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「tmob」フォルダの順に開きます。)
  4. 「setup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る


東芝HDDプロテクション

(1) バージョン情報

    Ver 2.0.2.5

(2) 説明

    HDDプロテクション機能の設定を行なうソフトウェアです。

(3) 注意事項

    加速度センサ搭載モデルのみ

(4) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50hpv.exe (6.49MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  4. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\THDDProt」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(5) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「東芝HDDプロテクション」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「THDDProt」フォルダの順に開きます。)
  4. 「setup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る


TOSHIBA Management Console

(1) バージョン情報

    Ver 4.0(4.0.2)

(2) 説明

    ハードウェア情報を管理するアプリケーションです。

(3) 注意事項

    下記モジュールの解凍後、「c:\temp\tmcon」フォルダ内の「jpnReadme.htm」ファイルに使用方法/注意事項が記載されています。

(4) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50mcv.exe (11.6MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  4. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\tmcon」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(5) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「TOSHIBA Management Console」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「tmcon」フォルダの順に開きます。)
  4. 「setup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る


ConfigFree

(1) バージョン情報

    Ver 7.2.21

(2) 説明

    ネットワーク設定についてのユーティリティ群です。

(3) 注意事項

    搭載されている無線LANのタイプによっては、同時に「Wi-Fi Protected Setup Library」のセットアップが行なわれる場合があります。

(4) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50cfv1.exe (15.6MB)
ssm50cfv2.exe (31.2MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 全てのモジュールを同様にして同じフォルダに保存してください。
  4. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  5. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\confre」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(5) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「ConfigFree」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「confre」フォルダ→「SETUP」フォルダの順に開きます。)
  4. 「setup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る


TOSHIBA Disc Creator

(1) バージョン情報

    Ver 2.0.1.3

(2) 説明

    音楽CD、データCD/DVD、ディスクバックアップの作成をするためのマスタリングソフトです。

(3) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50tdcv.exe (7.56MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  4. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\tdc」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(4) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「TOSHIBA Disc Creator」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「tdc」フォルダの順に開きます。)
  4. 「ToDiscSetup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る


TOSHIBA Recovery Disc Creator

(1) バージョン情報

    Ver 2.0.0.2

(2) 説明

    システムを再セットアップするためのCDまたはDVDを作成するためのツールです。 DVD書き込み機能のあるモデルの場合は、リカバリDVDの作成ができます。

(3) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50trdcv.exe (4.59MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  4. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\trdc」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(4) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「TOSHIBA Recovery Disc Creator」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「trdc」フォルダの順に開きます。)
  4. 「ToRDCSetup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る


東芝HWセットアップ

(1) バージョン情報

    Ver 3.0.1.0

(2) 説明

    各種ハードウェアの設定を行なうソフトウェアです。

(3) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50thwv.exe (10.8MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  4. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\thw」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(4) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「東芝HWセットアップ」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「thw」フォルダの順に開きます。)
  4. 「setup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る


東芝スーパーバイザパスワード

(1) バージョン情報

    Ver 3.0.1.0

(2) 説明

    スーパーバイザパスワードの登録をしたり、設定を変更したりするユーティリティです。

(3) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50tpuv.exe (6.51MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  4. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\tpu」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(4) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「東芝スーパーバイザパスワード」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「tpu」フォルダの順に開きます。)
  4. 「setup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る


TOSHIBA DVD PLAYER (DVDビデオディスクプレーヤ)

(1) バージョン情報

    Ver 1.40.20

(2) 説明

    DVDビデオディスクの映像を再生するためのアプリケーションソフトウェアです。

(3) モジュールのダウンロードと解凍

ssm50tdvdv1.exe (8.66MB)
ssm50tdvdv2.exe (39.4MB)
  1. モジュール(ファイル)をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。モジュールをハードディスクの任意のフォルダ(ex."c:\temp")に保存します。
  3. 全てのモジュールを同様にして同じフォルダに保存してください。
  4. 保存した全てのモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
  5. 解凍先が「c:\temp」と表示されるので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。
    「c:\temp\tdvd」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。

(4) インストール手順

  1. Windowsを起動します。
  2. 管理者権限(Administrator)のあるユーザーでログオンします。
  3. 「TOSHIBA DVD PLAYER (DVDビデオディスクプレーヤ)」が格納されたフォルダへ移動します。
    ( 例:[スタート]ボタン→「コンピュータ」→「C」ドライブ→「temp」フォルダ→「tdvd」フォルダの順に開きます。)
  4. 「setup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
    ※ご使用の環境により、拡張子(.exe)は表示されません。
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[許可(A)]または[続行(C)]ボタンをクリックしてください。
  6. インストールプログラムの指示に従ってインストールを行ないます。
  7. インストールが完了したら再起動します。

    以上で作業は終了です。

一覧に戻る





「dynabook.com」のトップへ このページのトップへ
東芝トップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件 Copyright(C)1995-2009 TOSHIBA CORPORATION, All Rights Reserved.