• dynabook.com TOP個人・家庭向け情報
  • 企業向け情報
  • サポート情報
  • ショッピング
サイトマップ

サポート情報ぱらちゃん

dynabook.comトップ > サポート情報 > よくある質問(FAQ) > スクリーンセーバーを設定する方法<Windows(R)XP> 【動画手順付き】

情報番号:002879  【更新日:2006.11.07文末にあるアンケートにご協力ください

スクリーンセーバーを設定する方法<Windows(R)XP> 【動画手順付き】

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)XP, Windows(R)XP TabletPC Edition, Windows(R)XP Media Center Edition 2004
カテゴリ ディスプレイ

回答・対処方法

はじめに

スクリーンセーバーを設定すると、一定時間コンピュータの操作を行なわなかった場合にディスプレイにアニメーションや画像を表示したり、画面を消去してディスプレイの焼き付きを防ぐことができます。

また、スクリーンセーバーからWindows XP画面に復帰する際に、お使いのユーザーアカウントにパスワードを設定している場合には、パスワードの入力が必要となるように設定することが可能となり、セキュリティ面の強化に役立ちます。

スクリーンセーバーの設定を変更する方法につきましては、以下の≪手順≫をご参照ください。

操作手順

動画で手順を確認する

  1. [スタート]ボタン→[コントロールパネル(C)]をクリックします。
  2. 「コントロールパネル」画面内の、”作業する分野を選びます”から[デスクトップの表示とテーマ]をクリックします。
  3. 「デスクトップの表示とテーマ」画面の”作業を選びます”から[スクリーンセーバーを選択する]をクリックします。
  4. 「画面のプロパティ」画面が表示されましたら、”スクリーンセーバー(S)”欄内のプルダウンメニューから、使用するスクリーンセーバーを選択し、スクリーンセーバーが起動するまでの時間を”待ち時間(W)”項目で設定します。
    ※[プレビュー(V)]ボタンをクリックすると、選択したスクリーンセーバーの動作を確認することが可能です。
    図1(図1)

     
  5. 続いて[設定(T)]ボタンをクリックし、表示された画面で、使用するスクリーンセーバーの設定を変更して[OK]ボタンをクリックします。
    ※選択したスクリーンセーバーにより、設定可能な項目は異なります。また、設定項目が無い場合もあります。
    例)「3Dフラワーボックス」の設定画面
    図2(図2)

     
  6. 続いて、スクリーンセーバーからの復帰時パスワードの入力が必要な設定を行なう場合は、[□ 再開時にようこそ画面に戻る(R)]、もしくは[□ パスワードによる保護(P)]のチェックボックスにチェックを入れます。
  7. 設定が完了しましたら、[OK]ボタンをクリックして、「画面のプロパティ」を閉じます。

以上で作業は完了です。コンピュータを操作せずに、手順4で設定した待ち時間が経過した際に、選択したスクリーンセーバーが起動することをご確認ください。

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?

専用フォームからの問い合わせをご希望の方は、アンケートにお答えください。
「3」、「4」、「5」を選択された場合は、E-mail専用フォームのご案内が表示されます。
お問い合わせについては「東芝PCオンライン」で承ります。