dynabook.com
dynabook.comTOP個人・家庭向け情報企業向け情報サポート情報ショッピングサイトマップ
サポート情報ぱらちゃん

dynabook.comトップ > サポート情報 > よくある質問(FAQ) > Q&A

サポートトップ東芝に聞く(お問い合わせ)自分で調べるよくある質問(FAQ)ダウンロード
キーワード検索カテゴリ(かんたん)検索情報番号で検索動画コンテンツについて

情報番号:007246

 【更新日:2008.03.04】
文末にあるアンケートにご協力ください
Q

「ウイルスバスター(TM)2008 Trend Flex Security(TM)」URLフィルタ機能を有効にし、許可するWebサイトを設定する方法

対応機種
対象OS Windows Vista(R)
カテゴリ インターネット, セキュリティ情報, ウイルス/セキュリティソフト,ウイルスバスター, 予防/対策
A

回答・対処方法

はじめに

「ウイルスバスター」のURLフィルタ機能を使用することで、アダルトサイトなどのわいせつな内容や暴力的な内容など、お子さまの目に触れさせたくない有害なサイトや詐欺を目的とした偽装サイトなどへアクセスできないようにすることができます。

ここでは、許可するWebサイト以外はアクセスをすべて禁止する方法について説明します。許可するWebサイトのアドレスを登録すると、そのWebサイトへのアクセスはURLフィルタのチェックを受けなくなります。

※禁止するWebサイト以外はアクセスをすべて許可する方法については、[007253:「ウイルスバスター(TM)2008 Trend Flex Security(TM)」URLフィルタ機能を有効にし、禁止するWebサイトを設定する方法]を参照してください。

※特定のカテゴリに該当するWebサイトへのアクセスを禁止する方法については、[007245:「ウイルスバスター(TM)2008 Trend Flex Security(TM)」URLフィルタ機能を有効にし、特定のカテゴリに該当するWebサイトへのアクセスを禁止する方法]を参照してください。

※「ウイルスバスター」では、他の人に設定内容を無断で変更されないように、パスワードを設定することができます。パスワードを設定しておくと、ウイルスバスターの各機能の設定を変更するときに、パスワードの入力が必要になります。パスワードを設定する方法については、以下のリンクを参照してください。
[007216:「ウイルスバスター(TM)2008 Trend Flex Security(TM)」他の人に設定内容を変更されないように、パスワードを設定する方法]

【注意】
本製品に添付されている「ウイルスバスター」は90日間の使用期限があります。
90日を経過するとウイルスチェック機能を含めて、すべての機能がご使用できなくなります。
ウイルスチェックが全く行なわれない状態となりますので、かならず期限切れ前に有償の正規サービスへ登録するか、他の有効なウイルス検索ソフトを導入してください。


「ウイルスバスター」の詳細、お問い合わせ窓口については、以下のリンクをご参照ください。
お問い合わせ窓口は、ウイルスバスターサービスセンターになります。
[007204:「ウイルスバスター(TM)2008 Trend Flex Security(TM)」について]

操作手順

  1. ”通知領域”の[ウイルスバスター2008]アイコンをダブルクリックします。
    (図1)

    ※[ウイルスバスター2008]アイコンがない場合は、[スタート]ボタン→[すべてのプログラム]→[ウイルスバスター2008]→[ウイルスバスター2008を起動]の順にクリックしてください。

  2. 「ウイルスバスター2008」画面が表示されます。画面左側の[フィッシング詐欺/迷惑メール対策]をクリックします。
    (図2)

  3. 右画面から[URLフィルタ(Webアクセス規制)(P)]をクリックします。
    (図3)

  4. ”URLフィルタ(Webアクセス規制)(P)”項目内の[設定(S)]ボタンをクリックします。
    (図4)

  5. 「URLフィルタ(Webアクセス規制)」画面が表示されます。[□ URLフィルタを有効にする(A)]をクリックしてチェックを付けます。
    (図5)

  6. [◎ 許可するWebサイト以外は、アクセスをすべて禁止する(I)]をクリックして選択します。
    (図6)

  7. ”許可するWebサイト”をクリックします。
    (図7)

  8. 「許可するWebサイト」画面が表示されます。
    ◆許可するWebサイトのアドレスを追加する場合
    1. [追加(A)]ボタンをクリックします。
      (図8)

    2. 「Webサイトの追加」画面が表示されます。[◎ URLを追加/編集する(A)]をクリックして選択し、追加するWebサイトのアドレスを入力して[OK]ボタンをクリックします。
      ※最近アクセスしたWebサイトのアドレス一覧から追加する場合は、[◎ 履歴からURLをインポートする(I)]を選択して追加するアドレスを選択してください。
      ※Webブラウザのお気に入りに登録されているWebサイトのアドレス一覧から追加する場合は、[◎ 「お気に入り」をインポートする(F)]を選択して追加するアドレスを選択してください。
      ※複数のアドレスを選択したい場合は、キーボードの[CTRL]キーまたは[SHIFT]キーを押しながらアドレスを選択してください。
      ※[□ サブページ(下位階層のページ)も対象にする(P)]にチェックを付けると入力または選択したアドレスの下位階層のページも許可するWebサイトに含まれます。
      (図9)

    3. 「許可するWebサイト」画面に戻ります。許可するWebサイトの一覧に追加したWebサイトのアドレスが登録されていることを確認し、[OK]ボタンをクリックします。
      (図10)

    ◆許可するWebサイトのアドレスを編集する場合
    1. 許可するWebサイトの一覧から編集したいアドレスをクリックして選択し、[編集(E)]ボタンをクリックします。
      (図11)

    2. 「Webサイトの追加」画面が表示されます。[◎ URLを追加/編集する(A)]項目の欄に表示されているアドレスを編集し、[OK]ボタンをクリックします。
      (図12)

    3. 「許可するWebサイト」画面に戻ります。許可するWebサイトの一覧に登録されていたアドレスが編集されていることを確認し、[OK]ボタンをクリックします。
      (図13)

    ◆許可するWebサイトの一覧から削除する場合
    1. 削除したいアドレスをクリックして選択し、[削除(R)]ボタンをクリックします。
      (図14)

    2. 一覧から削除されたことを確認し、[OK]ボタンをクリックします。
      (図15)

  9. 「URLフィルタ(Webアクセス規制)」画面に戻ります。[OK]ボタンをクリックします。
    (図16)

  10. ”設定を変更しました。・・・”メッセージ画面が表示されます。[OK]ボタンをクリックします。
    ※「Internet Explorer」を起動中の場合は、変更を適用するために1度終了して起動しなおしてください。
    (図17)

  11. 「ウイルスバスター2008」画面に戻ります。”URLフィルタ(Webアクセス規制)(P)”項目が[有効]に設定されていることを確認してください。
    (図18)

  12. 右上の[×]ボタンをクリックして閉じます。

設定は以上です。

許可するWebサイトに登録したアドレス以外のWebサイトにアクセスできないことを確認してください。

許可するWebサイトに登録していないアドレスのWebサイトにアクセスをすると、”[トレンドマイクロ]Webサイトへのアクセスをブロックしました”メッセージ画面が表示されます。

(図19)

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?

 
専用フォームからの問い合わせをご希望の方は、アンケートにお答えください。
「3」、「4」、「5」を選択された場合は、E-mail専用フォームのご案内が表示されます。
お問い合わせについては「東芝PCオンライン」で承ります。

東芝トップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright