• dynabook.com TOP個人・家庭向け情報
  • 企業向け情報
  • サポート情報
  • ショッピング
サイトマップ

サポート情報ぱらちゃん

dynabook.comトップ > サポート情報 > よくある質問(FAQ) > 「TOSHIBA Disc Creator」CDやDVDにデータを保存する<Windows(R)7> 【動画手順付き】

情報番号:010180  【更新日:2010.08.31文末にあるアンケートにご協力ください

「TOSHIBA Disc Creator」CDやDVDにデータを保存する<Windows(R)7> 【動画手順付き】

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)7
カテゴリ CD/DVD/ブルーレイディスク,メディアにデータを書き込む

回答・対処方法

はじめに

「TOSHIBA Disc Creator」を使ってCDやDVDにデータを保存(コピー)する方法について説明します。

【お願い:CD/DVDに書き込む前に、書き込みを行なうにあたって】

  • 「TOSHIBA Disc Creator」を使用してDVD-RAM、ブルーレイディスクにデータを書き込むことはできません。
  • 機種によってそれぞれ対応している記録メディアが異なります。
  • データをコピーする(書き込む)際に気をつけていただきたいことがあります。あらかじめ以下のリンクを参照してから書き込んでください。
    [010192:「TOSHIBA Disc Creator」について<Windows(R)7>]

※重要なデータを書き込む場合は、以下のリンクを参照し、書き込み後にデータをチェックする設定を行なってください。
[010445:「TOSHIBA Disc Creator」データCD/DVD作成後、データが正常に書き込まれたことを確認する方法<Windows(R)7>]

操作手順

動画で手順を確認する

※あらかじめ書き込みを始める前にCD/DVDをドライブにセットしてください。

  1. [スタート]ボタンスタート→[すべてのプログラム]→[TOSHIBA]→[CD&DVD アプリケーション](または[マルチメディア])→[Disc Creator]をクリックします。
  2. 「TOSHIBA Disc Creator−Startup Menu」画面が表示されます。”標準メニュー”から[データ CD/DVD作成]をクリックします。
    図1(図1)

  3. 「TOSHIBA Disc Creator」メインウインドウが表示されます。
    図2(図2)

  4. 「書込先」にファイルを追加します。「読込元」から”アドレス選択ボックス”の[▼]をクリックし、CD/DVDに書き込みたいファイルやフォルダーの保存先を選択します。
    ※この方法以外でも「書込先」にファイルを追加することができます。詳しくは、<補足:「書込先」にデータを追加する方法>を参照してください。
    図3(図3)

  5. 書き込みたいファイルまたはフォルダーをクリックし、[書き込み先にデータを追加する]ボタンをクリックします。
    図4(図4)

  6. 「書込先」にファイルまたはフォルダーが追加されます。[開始]ボタンをクリックします。
    図5(図5)

    ※”ディスクをCloseする設定になっています。ディスクはCloseすると追記できなくなります。ディスクの書き込みを開始しますか?”メッセージが表示された場合は、以下のリンクを参照してください。
    [010187:「TOSHIBA Disc Creator」”ディスクをCloseする設定になっています。ディスクはCloseすると追記できなくなります。”メッセージ画面が表示された場合の対処方法<Windows(R)7>]
    図6(図6)

  7. ”データディスクの作成を開始しますか?”メッセージ画面が表示されます。[はい(Y)]ボタンをクリックします。
    図7(図7)

  8. データの書き込みが開始され、進捗を示す画面が表示されます。
    図8(図8)

  9. 書き込みが終了すると、購入時の設定では元のデータと書き込んだCD/DVDのデータを比較します。
    図9(図9)

  10. 比較して問題ないことが確認されると、”ディスクの作成が完了しました。同じディスクをもう一枚作成しますか?”メッセージ画面が表示され、自動的にディスクトレイが開きます。もう一枚、同じCD/DVDを作成する場合は[はい(Y)]ボタン、同じCD/DVDを作成しない場合は[いいえ(N)]ボタンをクリックしてください。
    図10(図10)

    ※すでにデータが書き込みされているCD/DVDにデータを追記した場合は、”追記ディスクへの書き込みが正常に終了しました。”メッセージが表示されます。[OK]ボタンをクリックします。
    図11(図11)

  11. 「TOSHIBA Disc Creator」メインウインドウに戻ります。右上の[×]ボタンをクリックします。

CD/DVDにデータを保存する操作は以上です。

CD/DVDにデータが保存されていることを確認してください。

  1. [スタート]ボタンスタート→[コンピューター]をクリックします。
  2. 「コンピューター」画面が表示されます。CD/DVDのドライブアイコンをダブルクリックします。
    図12(図12)

  3. CD/DVDにデータが保存されています。
    図13(図13)

<追記について>

データを保存したCD/DVDに空き容量がある場合は、同様の操作でデータを追記することができます。

すでにデータが書き込まれているCD/DVDを挿入すると、書き込まれているデータの情報を「TOSHIBA Disc Creator」の「書込先」に自動的に取り込みます。この状態で「書込先」にファイルを追加して、書き込みを行なうとデータが追記されます。

書き込み可能なCD/DVDの空き容量を調べる方法については、以下のリンクを参照してください。
[009973:ハードディスク、USBフラッシュメモリ、書き込み可能なCD/DVDメディアの空き容量を調べる方法<Windows(R)7>]

<ディスクのクローズについて>

オペレーティングシステム(OS)やドライブによっては、ディスクがクローズされていないと、CD/DVDの内容が読めない場合があります。そのような場合にディスクをクローズする(閉じる)ことで、そのCD/DVDを読めるようにすることができます。

詳しくは、以下のリンクを参照してください。
[010188:「TOSHIBA Disc Creator」データCD/DVDのディスクを閉じる方法<Windows(R)7>]

<2層ディスク使用時の注意>

DVD-R DL(2層ディスク)でデータDVDを作成する場合、DVD-ROMとの再生互換を保つために、空き領域をダミーデータで埋める規格になっています。このため、実際に書き込んだデータのサイズに対し、ディスク作成にかかる時間が長くなる場合があります。

本製品は、DVD-R DLの追記に対応していないドライブなので1回書き切りになります。DVD-R DLディスクに少ないデータを書いてしまうとディスクの容量が無駄になりますので、書き込むデータのサイズなど十分にご確認のうえご使用ください。

補足:「書込先」にデータを追加する方法

[送る(N)]メニュー(右クリック操作)やドラッグアンドドロップ操作で「TOSHIBA Disc Creator」の「書込先」に追加することができます。

◆[送る(N)]メニュー(右クリック操作)で「書込先」に追加する方法

  1. CD/DVDに書き込みたいファイルまたはフォルダーをマウスの右ボタンでクリックします。
    図14(図14)

  2. 表示されるメニューの[送る(N)]→[TOSHIBA Disc Creator(Data)]をクリックします。
    図15(図15)

  3. 「TOSHIBA Disc Creator」が起動し、「書込先」に追加されます。
    図16(図16)

「書込先」にデータを追加する操作は以上です。
CD/DVDに保存する場合は、CD/DVDを挿入し、上記手順6から操作してください。

◆ドラッグアンドドロップ操作で「書込先」に追加する方法

  1. 上記手順1〜3の操作を行ない、「TOSHIBA Disc Creator」メインウインドウを表示します。
  2. CD/DVDに書き込みたいファイルまたはフォルダーをマウスの左ボタンでクリックしたまま「TOSHIBA Disc Creator」の「書込先」上に移動してはなします。
    図17(図17)

  3. 「TOSHIBA Disc Creator」の「書込先」に追加されます。
    図18(図18)

「書込先」にデータを追加する操作は以上です。
CD/DVDに保存する場合は、上記手順6から操作してください。

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?

専用フォームからの問い合わせをご希望の方は、アンケートにお答えください。
「3」、「4」、「5」を選択された場合は、E-mail専用フォームのご案内が表示されます。
お問い合わせについては「東芝PCオンライン」で承ります。

この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポート予約を利用する