東芝トップページ > PC〈dynabook〉トップ > サポート情報 > よくあるご質問(FAQ検索) > 「東芝ピークシフトコントロール」電力ピーク時間帯は自動的にバッテリー駆動する方法<Windows(R)7>

情報番号:012275  【更新日:2011.05.19文末にあるアンケートにご協力ください

「東芝ピークシフトコントロール」電力ピーク時間帯は自動的にバッテリー駆動する方法<Windows(R)7>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)7
カテゴリ Windowsの操作/設定,省電力,その他のプレインストールソフト,東芝ユーティリティ

回答・対処方法

はじめに

「東芝ピークシフトコントロール」を使用して電力ピーク時間帯は、自動的にAC電源からの電力供給を止め、蓄えておいたバッテリーで動作させる方法(ピークシフト時間)について説明します。

ピークシフト時間は、日中の電力使用のピーク時間帯に設定し、バッテリー充電開始時間を電力需要の少ない夜間などの時間帯に設定すると、より効果を発揮します。

※「東芝ピークシフトコントロール」については、[012272:「東芝ピークシフトコントロール」について<Windows(R)7>]を参照してください。

※ご使用の機種によっては「東芝ピークシフトコントロール」は、パソコン購入時/初期状態にリカバリーした場合はインストールされていません。
その場合は、[012274:「東芝ピークシフトコントロール」インストールする方法<Windows(R)7>]を参照してインストールしてください。

※2011年夏モデルdynabook EX/47C**T、T351/**C**、T551/58C*、dynabook Qosmio T551/T*C*、dynabook Satellite T551/WTFCシリーズをご利用のお客様は、以下から「東芝ピークシフトコントロール」を 無料でダウンロードしてご利用いただけます。

◆ダウンロード 東芝ピークシフトコントロール
http://dynabook.com/assistpc/download/modify/qosmio/t551/txcx/peakshift/index_j.htm

【お願い:ピークシフト機能を使用するにあたって】

  • ピークシフト機能を使用するとバッテリーの寿命が短くなります。
  • ピークシフト時間帯にバッテリー駆動できる時間は、使用状況により異なります。

操作手順

  1. [スタート]ボタンスタート→[すべてのプログラム]→[TOSHIBA]→[ユーティリティ]→[ピークシフトコントロール]をクリックします。
  2. 「東芝ピークシフトコントロール」画面が表示されます。”ピークシフト機能”項目で[◎ 有効]をクリックします。
    図1(図1)

  3. ”運用期間”項目から毎年ピークシフトを実行する期間(月日)を指定します。[▼]をクリックし、一覧から設定する月日をクリックしてください。
    ※初期設定では、7月1日-8月31日が設定されています。
    ※閏年にあたる2月29日を設定した場合は、平年では3月1日として扱われます。表示されている期間は、2月29日のままとなります。
    図2(図2)

  4. ”運用時間”項目から一日(24時間)の中でどこの時間帯の消費電力を抑えて、どこの時間に移動させるかの設定を行ないます。

    a.”ピークシフト時間”項目で自動的にAC電源からの電力供給を止め、蓄えておいたバッテリーで動作させる時間の設定を行ないます。[▼]をクリックし、一覧から時/分をクリックしてください。
    ※初期設定では、14:00-16:00が設定されています。日中の電力使用のピーク時間帯に設定すると、より効果を発揮します。
    図3(図3)

    b.”バッテリ充電開始時間”でバッテリーへの充電を開始する時間の設定を行ないます。[▼]をクリックし、一覧から時/分をクリックしてください。
    ※初期設定では、00:00が設定されています。電力需要の少ない時間帯(夜間など)に設定すると、より効果を発揮します。
    図4(図4)

    c.”バッテリ充電禁止時間”でバッテリーへの充電を停止し、AC電源でパソコンを動作させる時間を設定します。
    ※”ピークシフト時間”、”バッテリ充電開始時間”を設定すると自動的に”バッテリ充電禁止時間”が設定されます。
    図5(図5)

  5. ”ピークシフト解除設定”の”バッテリ残容量”項目で”ピークシフト時間”で指定した時間帯でのバッテリーの最低残容量を指定します。ここで指定したバッテリー残容量を下回った場合、ピークシフト(バッテリー駆動)状態を解除し、AC電源から電力供給を行ないます。
    ※バッテリー残容量を下回った場合、”充電開始時間”までバッテリー充電禁止状態となります。
    図6(図6)

  6. [OK]ボタンをクリックします。
    図7(図7)

設定は以上です。

設定した期間、時刻に設定した各動作が実行されることを確認してください。

ピークシフトの実行状態は、通知領域に表示されている[ピークシフト]アイコンや、パソコン本体のLEDで確認することができます。詳しくは、以下のリンクを参照してください。
[012273:「東芝ピークシフトコントロール」ピークシフト実行状態の確認方法<Windows(R)7>]

<メモ>

  • ”ピークシフト時間”中、”バッテリ充電禁止時間”中にAC電源が抜かれると、ピークシフト機能を解除し通常のバッテリー駆動になります。
    また、”ピークシフト時間”内、”バッテリ充電禁止時間”内に再度AC電源を挿入した場合は、ピークシフト機能を再開することができます。

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポート予約を利用する
別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright