東芝トップページ > PC〈dynabook〉トップ > サポート情報 > よくあるご質問(FAQ検索) > 「Security Tool」と表示される偽ウイルス対策ソフトについて

情報番号:800034  【更新日:2010.01.07文末にあるアンケートにご協力ください

「Security Tool」と表示される偽ウイルス対策ソフトについて

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)7, Windows Vista(R), Windows(R)95, Windows(R)98, Windows(R)98 Second Edition, Windows(R)Me, Windows(R)2000, Windows(R)XP HomeEdition, Windows(R)XP Professional, Windows(R)XP TabletPC Edition, Windows(R)XP Media Center Edition 2004
カテゴリ ウイルス情報

回答・対処方法

内容と対応

2009年12月末ごろより、「fakealert-kw」と呼ばれるウイルスが蔓延しております。
このウイルスは多数の亜種が発生しておりますので十分にご注意ください。

■名称
・fakealert-kw
・TROJ_FAKEAV
※名称はウイルスセキュリティソフトを提供している各ソフトメーカーで異なります。


■症状
本ウイルスは、偽のアラートを表示して、画面に「Security Tool」と表示させたり、ユーザーにマルウェアの問題を「修復する」偽のセキュリティ製品を購入させようとするトロイの木馬です。
悪質な動作を隠蔽し、ターゲットに無害なアプリケーションプログラムと思わせてインストールさせる可能性があります。


※詳細については、以下のマカフィー株式会社のホームページをご参照ください。


■対処方法

●ウイルスセキュリティソフトがインストールされている場合
最新のパターンファイルを入手後ウイルスチェックを行なってください。

●ウイルスセキュリティソフトがインストールされていない場合やソフトが正常に動作しない場合
以下のトレンドマイクロ株式会社のホームページよりオンライスキャンを実行してチェックを行なうことができます。

Windows Updateの実施
Windows Updateを実行してシステムを最新の状態にしてください。

●使用しているアプリケーションのアップデート
Adobe Reader/Acrobat/Flash PlayerおよびJava Runtime Environment (JRE)の脆弱性が利用される場合がありますので、これらのアプリケーションがインストールされている場合は最新の状態にしてください。

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポート予約を利用する
別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright