東芝トップページ > PC〈dynabook〉トップ > サポート情報 > よくあるご質問(FAQ検索) > 「ウイルスバスタークラウド(TM)」ウイルス定義ファイルを手動で更新する方法<Windows(R)8>

情報番号:014095  【更新日:2013.04.02文末にあるアンケートにご協力ください

「ウイルスバスタークラウド(TM)」ウイルス定義ファイルを手動で更新する方法<Windows(R)8>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)8,Windows 8.1
カテゴリ ウイルス情報,ウイルス予防/対策

回答・対処方法

はじめに

「ウイルスバスタークラウド」は、ウイルスの発見や駆除、個人情報保護やネットワークセキュリティ対策ができるアプリケーションです。

コンピューターウイルスは、次々と新しいものが出現します。「ウイルスバスター」のウイルスチェックは、パターンファイルに基づいて行ないますので、最新のコンピューターウイルスに対応したパターンファイルをインターネットから入手する必要があります。「ウイルスバスター」はパソコンをインターネットに接続していると、自動的にパターンを更新します。

ここでは、ウイルス定義ファイルを手動で更新する方法について説明します。

※本製品に用意されている「ウイルスバスター」を使用するにはインストールする必要があります。方法については、[014094:「ウイルスバスタークラウド(TM)」初めて使用するときはインストールが必要です<Windows(R)8>]を参照してください。

【お願い】
「ウイルスバスター」を使用している場合、ウイルス定義ファイルおよびファイウォール規則は、新種のウイルスやワーム、スパイウェア、クラッキングなどからコンピューターの保護を高めるために、常に最新の状態で使用する必要があります。本製品に用意されている「ウイルスバスター」は、インターネットに接続していると自動的に最新の状態に更新されますが、90日間の使用期限があります。90日を経過するとウイルスチェック機能を含めて、すべての機能がご使用できなくなります。
ウイルスチェックが全く行なわれない状態となりますので、必ず期限切れ前に有料の正規サービスへ登録するか、ほかの有効なウイルス検索ソフトを導入してください。

※「ウイルスバスタークラウド」の詳細、お問い合わせ窓口については、以下のリンクを参照してください。
お問い合わせ窓口は、ウイルスバスターサービスセンターになります。
[014093:「ウイルスバスタークラウド(TM)」について<Windows(R)8>]

注意事項
【Windows 8.1へアップデートして使用される方へ】
本情報は、Windows 8プレインストール時の操作手順となります。
Windows 8.1へアップデート後も同様の操作を行なうことができますが、Windows 8.1にアップデートする前にWindows 8.1対応のバージョンに更新する必要があります。詳しくは、<Windows 8.1 ソフトウェアの対応状況>の「トレンドマイクロ ウィルスバスタークラウド90日版」を参照してください。

Windows 8.1の一般的な操作手順については、<Windows 8.1 FAQ情報>を参考ください。

操作手順

※ウイルス定義ファイルを更新するには、インターネットに接続して行ないます。あらかじめインターネットに接続する設定を行なってから操作を始めてください。

方法1:メイン画面からウイルス定義ファイルを更新する方法

  1. スタート画面で[デスクトップ]タイルをクリックします。
    図1(図1)

  2. デスクトップ画面が表示されます。通知領域の[ウイルスバスター]アイコンウイルスバスターをダブルクリックします。
    ※通知領域にアイコンが表示されていない場合は、▲をクリックしてください。
    図2(図2)

  3. 「ウイルスバスタークラウド」のメイン画面が表示されます。[ヘルプ]ボタン(?)をクリックし、表示されるメニューから[シリアル番号/バージョン情報]をクリックします。
    図3(図3)

  4. 「バージョン情報」画面が表示されます。定義ファイルの更新が実行されます。
    図4(図4)

  5. ”アップデートはありません。”と表示されましたら、定義ファイルの更新は終了です。[閉じる]ボタンをクリックします。
    図5(図5)

メイン画面から更新する操作は以上です。

方法2:ショートカットメニューからウイルス定義ファイルを更新する方法

  1. スタート画面で[デスクトップ]タイルをクリックします。
    図6(図6)

  2. デスクトップ画面が表示されます。通知領域の[ウイルスバスター]アイコンウイルスバスターをクリックします。
    ※通知領域にアイコンが表示されていない場合は、▲をクリックしてください。
    図7(図7)

  3. ショートカットメニューが表示されます。[手動アップデート]をクリックします。
    図8(図8)

  4. 「バージョン情報」画面が表示されます。定義ファイルの更新が実行されます。
    図9(図9)

  5. ”アップデートはありません。”と表示されましたら、定義ファイルの更新は終了です。[閉じる]ボタンをクリックします。
    図10(図10)

ショートカットメニューから更新する操作は以上です。

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポート予約を利用する
別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright