東芝トップページ > 東芝クライアントソリューション株式会社トップページ > dynabook.com > サポート情報 > よくあるご質問(FAQ検索) > パソコンが自動的にスリープ状態になる時間を変更する方法<Windows 8.1> 【動画手順付き】

情報番号:014824  【更新日:2014.10.21文末にあるアンケートにご協力ください

パソコンが自動的にスリープ状態になる時間を変更する方法<Windows 8.1> 【動画手順付き】

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows 8.1
カテゴリ Windowsの操作/設定,省電力,Windowsの便利な使いかた

回答・対処方法

はじめに

電力を節約するため、非動作状態(キーボード、タッチパッド、マウスなどで操作しない状態)が一定時間続いたあとに、自動的にスリープ状態にすることができます。

ここでは、パソコンが自動的にスリープ状態に移行するまでの時間を変更する方法を紹介します。
※既定では”バッテリ駆動時”(ノートPCのみ)は15分、”電源に接続時”は15分に設定されています。

  • スリープとは?
    パソコンを終了するとき、電源を完全に切る方法のほかに、それまでの作業をメモリに保存して一時的に中断する方法があります。この機能を「スリープ」と呼びます。
    スリープ機能は、次に電源ボタンを押したときに中断したときの状態を素早く再現することができます。
    ノートPCをお使いの場合、スリープ中でもバッテリーを消耗しますので、ACアダプターを取り付けておくことを推奨します。

操作手順

動画で手順を確認する

  1. スタート画面で、マウスポインターを右下隅まで動かしてから、少し上へ動かします。
    図1(図1)

  2. チャームバーが表示されます。[設定]をクリックします。
    図2(図2)

  3. 画面右側に「設定」チャームが表示されます。[PC設定の変更]をクリックします。
    図3(図3)

  4. 「PC設定」画面が表示されます。[PCとデバイス]をクリックします。
    図4(図4)

  5. 「PCとデバイス」画面が表示されます。[電源とスリープ]をクリックします。
    図5(図5)

  6. 「電源とスリープ」画面が表示されます。”スリープ”項目の”次の時間が経過後、PCをスリープ状態にする”の[V]をクリックします。
    ※下図は例としてノートPCの設定画面となります。ノートPCをバッテリーで使用する場合は”バッテリ駆動”、ACアダプターを接続して使用する場合は”電源に接続”の列でそれぞれの動作を設定してください。バッテリーを搭載していないモデルでは設定項目は1つとなります。
    図6(図6)

  7. スリープ状態に移行するまでの時間をクリックして指定します。
    ※[なし]を指定すると、スリープ状態に移行されなくなります。
    図7(図7)

設定は以上です。


設定後、スタート画面に戻るにはキーボードの[Windowsロゴ]キー(Windowsロゴ)を押してください。


キーボード、タッチパッド、マウスなどで何も操作しない状態が設定した時間経過後、自動的にスリープ状態に移行することを確認してください。

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポート予約を利用する
別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright