東芝トップページ > 東芝クライアントソリューション株式会社トップページ > dynabook.com > サポート情報 > よくあるご質問(FAQ検索) > スタート画面への移動時にアプリビューを自動的に表示する方法<Windows 8.1> 【動画手順付き】

情報番号:014902  【更新日:2014.09.24文末にあるアンケートにご協力ください

スタート画面への移動時にアプリビューを自動的に表示する方法<Windows 8.1> 【動画手順付き】

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows 8.1
カテゴリ Windowsの操作/設定,Windowsの便利な使いかた,スタート画面

回答・対処方法

はじめに

既定では、デスクトップ上の[スタート]ボタン、チャームバー上の[スタート]、キーボードの[Windowsロゴ]キーを押すとスタート画面が表示されますが、それらの動作を行なったときにスタート画面ではなくアプリビューを表示させることができます。
図1(図1)

スタート画面への移動時にアプリビューを自動的に表示する方法について説明します。

操作手順

動画で手順を確認する

  1. スタート画面で、[デスクトップ]タイルをクリックします。
    図2(図2)

  2. デスクトップ画面で、タスクバーの何もない部分を右クリックします。
    図3(図3)

  3. メニューが表示されます。[プロパティ(R)]をクリックします。
    図4(図4)

  4. 「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」画面が表示されます。「ナビゲーション」タブをクリックします。
    図5(図5)

  5. ”スタート画面”項目の[□ スタート画面への移動時にアプリビューを自動的に表示する(V)]をクリックしてチェックを付けます。
    ※”スタート画面への移動時にアプリビューを自動的に表示する(V)”にチェックすると、[□ アプリビューからの検索時にアプリだけでなくすべての場所を検索する(S)]が同時に選択されます。
    図6(図6)

  6. [OK]ボタンをクリックします。
    図7(図7)

  7. [スタート]ボタンをクリックして、設定が変更されていることを確認してください。
    図8(図8)

操作は以上です。

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポート予約を利用する
別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright