情報番号:017711  【更新日:2016.09.06文末にあるアンケートにご協力ください

ロック画面で「Cortana(コルタナ)」を使う方法<Windows 10>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows 10
カテゴリ Windowsの操作/設定,Windowsの便利な使いかた,Windowsソフトウェア

回答・対処方法

はじめに

「Cortana(コルタナ)」とは、タスクバーの検索ボックスを使用して検索するときにサポートしてくれるパーソナルアシスタントです。PCのマイクに話しかけることで音声検索したり、Cortanaに対応したアプリを設定したり、あらかじめ設定したスケジュールを指定した時刻に通知することができます(リマインダー)。

ここでは、ロック画面で「Cortana(コルタナ)」を使う方法について説明します。

図1(図1)

※本機能は、Windows 10 Anniversary Update(Windows 10 バージョン1607)の新機能となります。お使いのPCのWindows10バージョンを確認するには、[017041:Windowsのバージョンとビルド番号を確認する方法<Windows 10>]を参照してください。

※「Cortana(コルタナ)」については、[017046:「Cortana(コルタナ)」について<Windows 10>]を参照してください。

タッチ操作について
※本操作は、マウスまたはクリックパッド(タッチパッド)を使っての操作手順となります。タッチパネル搭載モデルでタッチ操作を行ないたい場合は、[016766:タッチパネルの使いかた<Windows 10>]を参考にし、クリックを”タップ”、ダブルクリックを”ダブルタップ”、右クリックを”長押し(ロングタップ)”に読み替えて操作してください。

操作手順

  1. タスクバーの検索ボックスをクリックします。
    図2(図2)

  2. 「Cortana」の「ホーム」画面が表示されます。[設定]をクリックします。
    図3(図3)

  3. 「Cortana」の「設定」画面が表示されます。“コルタナさん”のスイッチをクリックして“オン”にします。
    ※“オン”に設定すると、PCのマイクに向かって「コルタナさん」と言ったらCortanaが応答するようになります。
    ※本機能をオンにすると、バッテリーの消費量が多くなります。
    ※必要に応じて[□ 「コルタナさん」といつでも話しかけられるように、デバイスが電源に接続中はスリープ状態にならないようにする(電源をオフにした場合を省く)]にチェックを付けてください。
    ※Cortanaが応答する相手については、[◎ 誰かが「コルタナさん」と言ったらいつでも応答する]または[◎ 自分だけに応答する]のいずれかを選択してください。[◎ 自分だけに応答する]に設定したい場合は、[「コルタナさん」の発音を覚えさせる]をクリックして自分の声を登録してください。
    図4(図4)

  4. “ロック画面”のスイッチをクリックして“オン”にします。
    ※“オン”に設定すると、PCがロックされているときでもCortanaが使用できるようになります。
    ※必要に応じて[□ デバイスがロックされている時に、カレンダー、メール、メッセージ、Power BIデータにCortanaがアクセスするのを許可する。]にチェックを付けてください。
    図5(図5)

  5. 設定が終わりましたら、デスクトップ上のアイコンが並んでいないところをクリックします。
    図6(図6)

  6. 「Cortana」の「設定」画面が閉じます。

設定は以上です。

ロック画面で「コルタナさん」と話しかけ、「Cortana」が使用できることを確認してください。

補足:Cortanaのヒントをロック画面に表示させたい場合

ロック画面の背景設定で[Windowsスポットライト]を設定している場合は、「Cortana」を使用することはできますがCortanaのヒントを表示することができません。Cortanaのヒントをロック画面に表示させたい場合は、ロック画面の背景設定で[画像]または[スライドショー]を選択してください。

  1. タスクバーの[スタート]ボタンをクリックします。
    図7(図7)

  2. [スタート]メニューが表示されます。[設定]をクリックします。
    図8(図8)

  3. 「設定」画面が表示されます。[個人用設定]をクリックします。
    図9(図9)

  4. 「個人用設定」画面が表示されます。[ロック画面]をクリックします。
    図10(図10)

  5. 「ロック画面」画面が表示されます。“背景”の[▼]をクリックします。
    図11(図11)

  6. 一覧から[画像]または[スライドショー]を選択します。
    ※[画像]を選択した場合はロック画面に表示する画像を選んでください。また[スライドショー]を選択した場合はスライドショーで表示する画像が保存されているフォルダーの設定を行なってください。
    図12(図12)

  7. “WindowsとCortanaに関するトリビアやヒントなどの情報をロック画面に表示する”のスイッチをクリックして“オン”にします。
    図13(図13)

  8. 右上の[×]ボタンをクリックして閉じます。
    図14(図14)

設定は以上です。

ロック画面にCortanaのヒントが表示されることを確認してください。

図15(図15)

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポート予約を利用する
別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright