Windows 7 注意・制限事項

アップグレードを開始する前にご確認ください

アップグレードを開始する前に以下の項目をご確認ください。

  • お手元に「Windows 7アップグレードDVD」と「プロダクトキーのステッカー(Windows 7 COAラベル)」を用意ください。
  • アップグレードを開始する前に、必ずハードディスクに保存しているデータなどバックアップを行ってください。 (地上デジタル放送の録画データについてはDVD-RAMメディアへのムーブによるバックアップを行ってください)
  • プレインストールされたソフトウェア、ドライバー以外についてはWindows 7上での動作や、アップグレードに関わる動作の確認がされておりません。お客様がPC購入後にインストールされたソフトウェアやドライバー等につきましては、アップグレード開始前にあらかじめWindows 7の動作状況、アップグレード時の注意点を取り扱い元へご確認ください。
  • Windows 7にアップグレード後、システムを正常に動作させるために、あらかじめリカバリー(*)およびリカバリーディスクの作成(*)を実施してから、Windows 7へのアップグレードを開始することをおすすめします。   アップグレードできない場合には、リカバリー(*)を実施し、あらかじめバックアップしておいたデーターや環境を復元してください。
  • Windows XPからはアップグレードできません。 Windows 7 にアップグレードできる Windows Vista のエディションご紹介します。 [アップグレード](上書きインストール)は、Windows 7 のアップグレード版または通常版のいずれでも可能です。
  • Windows Vista からアップグレードする場合は、SP1またはSP2がお使いのパソコンに適用されている必要があります。 詳細については、マイクロソフト社のサイトを参考にしてください。
  • Windows 7 にアップグレードできる Windows Vista のエディションご紹介します。 [アップグレード](上書きインストール)は、Windows 7 のアップグレード版または通常版のいずれでも可能です。 Windows Vista からアップグレードする場合は、SP1またはSP2がお使いのパソコンに適用されている必要があります。 詳細については、マイクロソフト社のサイトを参考にしてください。  
    http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/help/upgrading-from-windows-vista-to-windows-7
WindowsR7 にアップグレード
  Windows 7
Home Premium
Windows 7
Professional
Windows 7
Ultimate
Windows Vista Home Basic  
Windows Vista Home Premium  
Windows Vista Business  
Windows Vista Ultimate    
  • 自動アップグレード(東芝アップグレードアシスタント)を利用した場合、アップグレードには約2~4時間かかります。ただし、インターネット回線の種類 (FTTH、ADSL)や速度、回線の混み具合、ダウンロードされるソフトウェアの数やサイズなどにより、所要時間が前後する可能性があります。
  • 一部の機種では、購入時の状態で「Toshiba DVD Player」・「Toshiba Disc Creater」などのソフトウェアがインストールされていません。 自動アップグレードを利用してWindows 7へアップグレードする場合は、Windows Vista で各ソフトウェアをインストールしてから自動アップグレードを実行してください。
  • Windows 7へアップグレード後、個別にドライバーやアプリケーションを入れ直す場合は、Windows 7に対応したモジュールが必要となります。 アップグレードの実行後、「アプリケーションの再インストール」メニューに表示される内容は、Windows Vista のアプリケーションとなります。 Windows 7に対応していないドライバーやアプリケーションは、個別モジュールのダウンロードサイト(こちら)からダウンロードしてください。
  • Windows 7のアップグレード後は、Windows 7をアンインストールしてWindows Vista に戻すことはできません。
    http://support.microsoft.com/kb/971762
  • Windows 7についての詳細情報は、マイクロソフト社のサイトにてご確認ください。
    http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/default.aspx/
  • Windows メール、フォトギャラリー、およびムービーメーカーなど、Windows Vista の機能にあったものがWindows 7では搭載されていないものもあります。マイクロソフト社のWebサイトからWindows Live(TM) おすすめパックをダウンロードすることで、同様のソフトウェアを入手することができます。 詳細については以下のURLでご確認ください。
    http://download.live.com/
  • Windows Touchなど一部ご利用できない機能があります。また、Windows 7の全ての機能について動作保証をするものではありません。
  •  Windows 7のインストールを行ったことによるデータ損失やアップグレードを行った結果について、当社はいかなる保証も責任も負いません。

(*) リカバリーの方法およびリカバリーディスクの作成については、パソコンの取扱説明書をご覧ください。  

ソフトウェアの注意事項

Windows 7アップグレードする際のソフトウェアの注意事項につきましては、以下をご確認ください。

WindowsR7 にアップグレード
ソフトウェア名称 注意事項
トレンドマイクロ ウイルスバスター2009 Windows Vista にプレインストールされているウイルスバスター2009 はWindows 7に対応していません。Windows 7へのアップグレード を行う前に、必ずウイルスバスターのアンインストールを行ってください。ウイルスバスター 2009 またはそれ以前のバージョンのウイルスバスターがインストールされていると、 Windows 7のアップグレードが中断する場合があります。 アンインストール方法および、Windows 7へのアップグレード後の再インストールなど、 詳細についてはメーカーのサイトでご確認ください。
http://tmqa.jp/r005/ 
TOSHIBA Smart Data Encryption TOSHIBA Smart Data Encryption がインストールされている場合、Windows 7にアップグレードできません。 Windows 7にアップグレードするには、先に、TOSHIBA Smart Data Encryption をアンインストールする必要があります。
東芝ファイルレスキュー Windows 7にアップグレードすると、「システムの回復メニュー」から東芝ファイルレスキュー が利用できなくなります。Windows 7へのアップグレード後に、東芝ファイルレスキューを使う には、Windows 7を起動している状態で「東芝ファイルレスキュー回復ユーティリティ」を実行 してください。「東芝ファイルレスキュー回復ユーティリティ」は、東芝 PC サポート Webペ ージからダウンロードできます。
■ダウンロードは こちら からご確認ください。
東芝デバイスアクセスコントロール 東芝デバイスアクセスコントロールをお使いの場合は、Windows 7へのアップグレード後に、各デバイスのアクセス設定を再度行ってください。
Authentec Truesuite Access Manager Windows 7 へのアップグレードでは、パスワードバンクに登録したWebログオンのデータが引継がれませんので、アップグレード後に再登録が必要です。

(1)自動アップグレード(東芝アップグレードアシスタント)を利用しない場合
指紋認証用センサー搭載モデルでは、指紋認証ソフト (TrueSuiteAccessManager) を使って保護したファイルは、Windows 7 にアップグレードすると削除される場合があります。Windows 7 へアップグレードする前に、必ず、ファイルの保護解除を実施するか、もしくは、東芝製指紋認証ソフト(TOSHIBA Fingerprint Utility)へアップデートしてください。

(2)自動アップグレード(東芝アップグレードアシスタント)を利用する場合
指紋認証用センサー搭載モデルでは、Windows Vista からWindows 7 へのアップグレードにともない、指紋認証ソフト(TrueSuite Access Manager)を東芝製指紋認証ソフト(TOSHIBA Fingerprint Utility)へ入替えます。そのため、アップグレード後に、TrueSuite Access Manager で保護されたファイルを保護解除するときは、「ファイル保護解除ユーティリティ」をご利用ください。TOSHIBA Fingerprint Utility では保護解除できません。
Ulead DVD Movie Writer 7 Windows 7向けパッチモジュールを適用しない状態では、DVD-VRディスクの作成ができません。
パッチモジュールは こちら からダウンロードしてください。
Ulead DVD Movie Writer 5 Windows 7向けパッチモジュールを適用しない状態では、WebカメラやDV/HDVカメラからのビデオキャプチャ機能がご利用できません。
パッチモジュールは こちら からダウンロードしてください。
ササッとサーチ ササッとサーチは、Windows 7上で動作しません。
Bluetooth Stack for Windows by Toshiba Windows 7上において、「Bluetooth情報交換」のイメージファイル送信機能をご利用になる場合、ドラッグ&ドロップ操作で複数ファイルを指定しても1つしか送信することができません。
TOSHIBA HDD Protection TOSHIBA HDD Protection v2.0.2.9(32bit) または、v2.1.2.9(64bit)よりも古いバージョン(2.0.2.9/2.1.2.9は含みません)がインストールされている場合、Windows 7へのアップグレードを行うことができません。
Windows 7へのアップグレードを行う前に、コントロールパネルの「プログラムのアンインストール」から、TOSHIBA HDD Protectionをアンインストールしてください。Windows 7へのアップグレード完了後、TOSHIBA HDD Protection v2.2.0.0以降をインストールしてください。

●TOSHIBA HDD Protectionのバージョンは、以下の方法で確認できます。

1.[スタート]ボタン→[コントロールパネル]を開きます。
2.「プログラムのアンインストール」をクリックします。
3.「プログラムのアンインストールまたは変更」画面が表示されます。
4.「整理」→「レイアウト」→「詳細ペイン」が選択されていることを確認します。
5.一覧から”TOSHIBA HDD Protection”をクリックします。
6.「製品バージョン」を確認します。

最新のドライバー・ソフトウェアの提供について

Windows 7 にアップグレード作業がすべて完了後、その後、更新された最新のドライバー・ソフトウェアは、「東芝サービスステーション」にて提供いたします。 「東芝サービスステーション」を使用して、最新の状態に保つことを強くおすすめします。

別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright