Microsoft Windows XP,XPSP1,XPSP2,XPSP3

Windows XP Professional ステップアップグレード情報

【大切なお知らせ】
2014年4月9日をもってWindows XPのサポートが終了となりました。マイクロソフト社のサポートが終了すると、重要な更新を含むセキュリティの更新プログラムが提供されなくなります。マルウェアやウイルス感染により個人情報の漏えいにつながるなど、セキュリティ上、大変危険な状態におかれます。最新PCへの買い替えをおすすめいたします。
Windows XP | Office2003のサポート終了について
http://dynabook.com/assistpc/info/ansin/20131016.htm

 はじめに

東芝パソコンをご愛顧いただき誠にありがとうございます。 本ページでは、以下のWindows XP Home Editionプレインストールモデルに市販のWindows XP Professionalステップアップグレードパッケージを適用する際に留意すべき内容を掲載しています。 事前に記載内容をご理解いただいた上で適用を行なってください。

本ページに記載されている内容は予告無く変更する場合があります。ご了承ください。
◆注意事項については、評価機種の工場出荷時の状態からWindows XPを適用した場合 の評価結果を記載する予定です。 お客様の環境においてWindows XP Professionalステップアップグレードパッケージを適用した場合に記載している以外の問題が発生しない事を保証するものではありません。
  ◆東芝は、お客様がWindows XP Professionalステップアップグレードパッケージを適用した結果について、いかなる保証も責任も 負いかねますので、あらかじめご了承ください。


「Windows XP Professionalステップアップグレードパッケージ」についての詳細は、下のマイクロソフト社からの情報をご覧ください。
★ご参考:マイクロソフト社からの情報★other site
Windows XP Professionalステップアップグレード発売のご案内
Home Edition から、Professional へステップアップグレードの注意点


データについて
お客様が作成されたデータは、Windows XP Professionalステップアップグレードパッケージを適用する前にバックアップをとる事を推奨いたします。

Windows XP Professionalステップアップグレードパッケージをインストール前にご確認ください
  1. インストールをはじめる前に大切なデータは、必ずバックアップを取ってください。
  2. インストールをはじまる前にリカバリCDを使用して出荷初期状態に戻しておく事を推奨いたします。
  3. CD-ROMドライブが装着されていることをご確認ください。
  4. Windows XPをインストールする場合に必要なハードディスク空き容量は、1.5GB以上が必要です。 但し、システム構成やインストールオプションにより、それ以上の空き容量を必要とする場合があります。
  5. PCカード接続のCD-ROMドライブ(PA2673UJ)または、CD-R/RWドライブ(PACDR002)をご利用の場合、Windows XPインストール時には、このドライブをCardBusモードで利用することはできません。CardBusモードになっている場合はPCIC(16bit)モードに変更してください。変更方法については各ドライブ付属の説明書を参照ください。
  6. ノートブックをご使用の場合、インストール実行中は、必ずACアダプタを接続してください。
  7. ネットワークに接続されている場合は、以下の情報をネットワーク管理者に確認してください。 コンピュータ名、ドメイン名または、ワークグループ名、TCP/IPアドレス(DHCPサーバへ接続される場合は必要ありません。)

評価実施機種
※表中の「注意事項」内の番号は、次項の「注意事項」項目の番号になります。
機種名
型番
注意事項
DynaBook G5/X16PME PAG5X16PME ※2
DynaBook G5/X14PME PAG5X14PME
DynaBook G4/U17PME PAG4U17PME
DynaBook G4/510PME PAG4510PME ※1,※2,※8
DynaBook G3/510PME PAG3510PME ※1,※2,※5,※8
DynaBook T4/410PME PAT4410PME ※2,※4,※5,※6
DynaBook T4/495CME PAT4495CME
DynaBook T4/495CCE PAT4495CCE ※1,※2,※4,※5,※6
DynaBook T3/410PME PAT3410PME
DynaBook T3/480CME PAT3480CME
DynaBook T3/480CRE PAT3480CRE
DynaBook T5/X16PME PAT5X16PME ※2
DynaBook T5/512CME PAT5512CME ※2,※4
DynaBook V4/493PMHW PAV4493PMHW ※2,※3,※7
DynaBook V5/410PME PAV5410PME ※2,※3
DynaBook V5/410PMEW PAV5410PMEW
DynaBook V5/410CME PAV5410CME
DynaBook SS M3/275 PAM3275PRH ※1,※2,※4,※5,※6
DynaBook SS M3/260CRE PAM3260CRE
DynaBook SS S4/275PNHW PAS4275PNHW ※2,※4,※6
Libretto L5/080TNLN PAL5080TNLN ※2,※4


注意事項
1.
WindowsXP Professionalステップアップグレードをインストールする際の重要な注意事項
■現象
  アップグレード後、スタートメニューのショートカットやスタートアップグループのアイテム、共有ドキュメントの中に含まれる文書、画像、音楽ファイルなどが失われる可能性があります。 本件、インストール後では復元する事が出来ませんので、Windows XP Professionalステップアップグレードをインストール前に必ず以下の作業を行なってください。 詳細は、以下のURLを参照ください。
 http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/
 http://www.microsoft.com/japan/support/kb/articles/JP312/3/69.asp
■回避策
  1. アップグレードする前に、[スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[コマンドプロンプト]の順番に選択し、「コマンドプロンプト」を起動します。
  2. "del /a /f %windir%\system32\undo_guimode.txt"を入力し、Enterキーを押します。
  3. 「コマンドプロンプト」のウィンドウを閉じます。
  4. Windows XP ProfessionalステップアップグレードCD-ROMを挿入し、アップグレードを開始します。
2.
デスクトップから、「MSN Explorer」「Windows Media Player」のアイコンが削除される
■現象
  デスクトップ上の「MSN Explorer」「Windows Media Player」アイコンが、アップグレード後に削除される
■回避策
  1. アップグレード完了後、スタートメニューを開きます。
  2. "すべてのプログラム"をクリックし、"MSN Explorer"もしくは "Windows Media Player"を右クリックします。
  3. "送る"をクリックし、"デスクトップ(ショートカットを作成)"を選択します。
  4. デスクトップ上に貼り付けられたショートカットから"MSN Explorer"もしくは "Windows Media Player"を起動することができます。
3.
アップグレード中、Realtekエラーメッセージが表示される
■現象
  アップグレード中、以下のエラーメッセージが表示され、先に進めなくなる。 「ディスクの挿入 -'Realtek RTL8139/810X Family Fast Ethernet NIC Driver Disk'のラベルの付いたCDをCD-ROMドライブ(d:)に挿入して[OK]をクリックしてください。フロッピディスクなど、別の場所からファイルをコピーする場合も[OK]をクリックしてください。」
■回避策
  1. アップグレード中、上記のエラーメッセージ表示された場合は、「キャンセル」ボタンを押してアップグレードを継続させます。3回表示されますが、すべて「キャンセル」ボタンを押し、アップグレードを継続させてください。
  2. アップグレード完了直後にも、1.のエラーメッセージが表示されますが、ここでも、「キャンセル」ボタンを押してください。
  3. 本体付属の「アプリケーションCD-ROM Disk1」にある"LANドライバ"をインストールしてください。 "LANドライバ"のインストール方法は、CD内のインストール手順を参照してください。
  4. システム再起動すれば完了です。
4.
アップグレード中、Aliエラーメッセージが表示される
■現象
  アップグレード中、以下のエラーメッセージが表示され、先に進めなくなる。 「ファイルが必要 -Ali Audio Accelrrator WDM Driver Disk上のファイル'aliadwdm.sys'が必要です。ファイルの格納場所へのパスを入力して[OK]をクリックしてください。コピー元(C):c:\windows\temp\aliaud」
■回避策
  1. アップグレード中、上記のエラーメッセージ表示された場合は、「キャンセル」ボタンを押してアップグレードを継続させます。
  2. アップグレード完了後、コントロールパネルのプログラムの追加と削除において "ALi Audio Accelerator WDM Driver" をクリックして、ドライバを削除します。
  3. 再起動後、本体付属の「アプリケーションCD-ROM Disk1」から"サウンドドライバ"をインストールしてください。 "サウンドドライバ"のインストール方法は、CD内のインストール手順を参照してください。
    ※Libretto L5をご使用の場合は [スタート]ボタン→[すべてのプログラム]→[アプリケーションの再インストール]内のインストール手順を参照してください。
  4. システム再起動すれば完了です。
5.
EasyCDCreator5互換性エラー
■現象
  アップグレード中に互換性エラー表示。"EasyCD Creator5 互換性がない"(詳細は各マシンのアップグレード確認タブ参照)
■回避策
  1. アップグレード完了後、コントロールパネルのプログラムの追加と削除において"EasyCDCreator5" をクリックして削除します。
  2. 再起動後、PC本体付属のEasy CD Creator5のCD-ROMからインストールしてください。
  3. システム再起動すれば完了です。
6.
タスクバー上のアイコンが消える
■現象
  タスクバー上のAlpsTouchPadアイコンが、アップグレード後に削除される。また、マウスのプロパティからTouchPad設定タブがなくなり、標準の状態に戻ってしまう。
■回避策
  1. アップグレード完了後、コントロールパネルのプログラムの追加と削除において "ALPS Touch Pad Driver" をクリックして削除します。
  2. 再起動後、本体付属の「アプリケーションCD-ROM Disk1」から"タッチパッドドライバ゙"をインストールしてください。 "タッチパッドドライバ゙"のインストール方法は、CD内のインストール手順を参照してください。
  3. システム再起動すれば完了です。
7.
LaLaVoiceの音声コマンド一覧を起動中にログオフするとエラーメッセージが表示される
■現象
  LaLaVoiceの音声コマンド一覧を起動中に、スタートメニューからログオフすると、Tosvoice.exeのエラーダイアログが表示される。
■回避策
  1. アップグレード完了後、コントロールパネルのプログラムの追加と削除において "LaLaVoice2001" をクリックして削除します。
  2. 再起動後、本体付属の「アプリケーションCD-ROM Disk1」から"LaLaVoice2001"をインストールしてください。 "LaLaVoice2001"のインストール方法は、CD内のインストール手順を参照してください。
  3. システム再起動すれば完了です。
8.
アップグレード中の最初の再起動時に、Windows ロゴ画面から先に進まない
■現象
  アップグレード中の最初の再起動時に、Windows ロゴ画面から先に進まない。ロゴ下のインジケータがずっと動いている状態で停滞してしまう。
■回避策

 アップグレードする前の場合と、アップグレード中に現象が発生した場合があります。

【アップグレードする前の場合】
Smart Mediaドライバ(Version 1.1.1.130 )を更新してから、Windows XP Professionalへアップグレードしてください。


Smart Mediaドライバ(Version 1.1.1.130 )のダウンロードと適用手順はこちらへ。
 

【アップグレード中に現象が発生した場合】
以下の操作を行ってください。

  1. この現象が発生した場合、4秒間電源ボタンを押してマシンの電源を落とします。
  2. 電源ボタンを押して、表示されたOS選択画面から「Microsoft Windows XP Home Edition」を5秒以内に選択します。Windows XP Home Editionが立ち上がります。
  3. デバイスマネージャ画面を表示させます。
    [スタート]ボタンをクリックし、[コントロールパネル]→[パフォーマンスとメンテナンス]→[システム]をダブルクリックし、システムプロパティを表示させます。[ハードウェア]タブにある[デバイスマネージャ]ボタンをクリックします。
  4. "IDE ATA/ATAPI Controller"の下の"Toshiba PCI-0804 SmartMedia Host Controller"をマウスの右ボタンで選択し、表示されたリストから"無効"を選択します。
  5. マシンをシャットダウンし、再度電源を入れ、表示されたOS選択画面から「Microsoft Windows XP Home Edition」を5秒以内に選択します。Windows XP Home Editionが立ち上げます。
  6. Windows XP ProfessionalのCD-ROMを出し入れし、アップグレードを再度最初から実施します。
  7. セットアップが終了した後、3.、4.の手順で、"Toshiba PCI-0804 SmartMedia Host Controller"を"有効"にします。

    また、Smart Mediaドライバ(Version 1.1.1.130 )もあわせて更新してください。
    Smart Mediaドライバ(Version 1.1.1.130 )のダウンロードと適用手順はこちらへ。

 

 

このページのトップへ
別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright