Windows 10. Do great things. Windows 10 Pro ロゴ
  • 「いつでもどこでも、安心・安全」をめざして。
  • 省電力
  • 操作性
  • 信頼性
  • 堅牢性
  • セキュリティ
  • あんしんサポート
  • 環境調和

dynabookにいきるチカラ

dynabookにいきるチカラ[5]セキュリティ PCユーザーやシステム管理者の視点から、セキュリティに関する高度な機能やきめ細かな対策を実現し、ビジネスの安心・安全をサポート。

HDD/SSD内データへの第三者によるアクセスの防止

データ暗号化の「鍵」を専用チップで厳重管理。

従来のPCとセキュリティチップ搭載のPCTPMセキュリティチップ

通常のPCでは、暗号化されたデータと暗号化の「鍵」の両方をHDD/SSDに保存しています。TPMセキュリティチップを搭載するPCでは、暗号化されたデータがHDD/SSD上の仮想ドライブに保存され、一方、暗号化の「鍵」は専用チップで厳重に保管されます。万が一、HDD/SSDを抜かれ別のPCでアクセスしても「鍵」が取り出せないため解読は困難です。

Windows 10 / Windows 8.1 / Windows® 7 のファイル暗号化機能(EFS)をサポート。

ファイル暗号化機能(EFS)とTPMを組み合わせ、さらにセキュリティを強化できます。

※TPMではセキュリティ機能を提供しますが、データやハードウェアの完璧な保護を保証していません。本機能を利用したことによるいかなる障害、損害についても、当社はいっさいその責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。

TCG(Trusted Computing Group)準拠。

セキュリティチップは、業界団体であるTCG(Trusted Computing Group)で定義された仕様(Ver 1.2)に準拠しております。

トリプルパスワードによる個人認証

起動、読み込み、サインインの3段階で不正アクセスを防止。

BIOS・HDD*1・OSパスワード

PCの起動時、HDDへのアクセス時、起動したWindows®へのサインイン時のそれぞれにパスワードを設定。第三者がPCに不正アクセスするのを未然に防ぎます。

表示例

PCの起動時BIOSパスワード

ユーザー本人以外はPCが起動できないパスワードをBIOSレベルで設定します。OSを入れ替えてもBIOSパスワードは維持されます。

HDDアクセス時HDDパスワード*1

内蔵HDDにロックをかけ、HDDのデータを保護。第三者による情報漏えいや改ざんを防止します。

Windows® 起動時OSパスワード

起動したWindowsRシステムへのサインイン時に必要となるパスワードです。

*1:SSD搭載モデルでは、SSDをHDDとして認識します。

メールやインターネット経由でのウイルス感染防止

最新ウイルス定義により、悪質プログラムの感染防止。

ウイルスバスター クラウドTM 90日版

メールやWebを通じてのパスワード盗聴、不正アクセスプログラムのインストールなどのリスクを、最新のウイルス定義ファイルを用いて低減させます。

簡単・安全・確実な個人認証

生体認証技術による高度なセキュリティ機能。

Photo:B75指紋センサーB75*2WS754

パスワード盗難による不正アクセスや、パスワード忘却などのリスクを軽減する、利便性に優れたセキュリティ機能を実現。パームレストに搭載されたセンサーで指紋認証を1回行うだけで、BIOSパスワード、HDDパスワード*1、OSパスワードの認証をまとめて済ませることができます。

*1:SSD搭載モデルでは、SSDをHDDとして認識します。
*2:カスタムメイドサービス対応。

インターフェースやデバイスの使用制限

デバイスごとに管理者がきめ細かく設定可能。

東芝デバイスアクセスコントロール

PCカードをはじめとする各種インターフェースやデバイスの使用をBIOSとユーティリティで管理します。周辺機器接続やPCカードスロットなどの使用を制限(管理者が許可したものを除く)し、情報流出や不正プログラムインストールなどのトラブル発生を未然に回避します。

東芝デバイスアクセスコントロール

※スーパーバイザーパスワードの設定が必要です。
※モデルによっては機能が異なります。
※モデルによって制限できるデバイスは異なります。

PCの廃棄や譲渡の際、HDDの全データを上書き消去

データ復元が困難な米国国防総省方式を採用。

ハードディスクデータ消去機能

PCでファイル削除やリカバリー操作を行っても、市販のデータ復旧ソフトなどを実行すればデータは復元されてしまいます。東芝では全機種で、米国国防総省方式(DoD 5220.22-M)によるハードディスクデータ消去機能(リカバリーメニュー)を提供しています。この方式では、固定値2回、乱数1回の計3回データを上書きすることにより元のデータを塗りつぶし、HDDからのデータ復元を困難にします。

※ご使用になったノートPCを廃棄・譲渡する際には、お客様の責任でハードディスクに記録された全データを標準搭載の「ハードディスクデータ消去機能」を利用して消去することを強くおすすめします。詳細はdynabook.com(別窓で開きますhttp://dynabook.com/pc/eco/haiki.htm)「パソコンの廃棄・譲渡時のハードディスク上のデータ消去に関するご注意」をご覧ください。
※SSD搭載モデルにも「ハードディスクデータ消去機能」を搭載しておりますが、米国国防総省方式(DoD 5220.22-M)には準拠しておりません。

■セキュリティ対応一覧

  R82 R63 R64 R734 B75 B65 B35 B37 B654 B554 B454 WS754 RT82 S60 S80 S68
TPM セキュリティチップ
*3
- - - -
セキュリティロック・スロット - - - -
BIOS・HDD*1・OSパスワード BIOS・ OSパスワード
のみ
OSパスワードのみ OSパスワードのみ
指紋センサー - - - -
*2
- - - - - - - - - -
ウイルスバスター クラウドTM 90日版
東芝デバイスアクセスコントロール - - - -
ハードディスクデータ消去機能

※OSによって搭載されるソフトウェアは異なります。詳しくはソフトウェア表をご覧ください。
※TZCSシンクライアントは除く。
*1:SSD搭載モデルでは、SSDをHDDとして認識します。
*2:カスタムメイドサービス対応。
*3:インテル® Core™ i5-5200U プロセッサー、インテル® Core™ i3-5005U プロセッサー搭載モデルのみ、TPMセキュリティチップが搭載されております。
※各種ツール、ソフトウェアの使用に起因して、お客様あるいは第三者に生じるすべての直接的、間接的、付随的または結果的損失、利益の損失もしくは本製品の記憶内容の変化・消失に関し、当社はいっさい責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。

  • 「いつでもどこでも、安心・安全」をめざして。
  • 省電力
  • 操作性
  • 信頼性
  • 堅牢性
  • セキュリティ
  • あんしんサポート
  • 環境調和

個人のお客様


スタンダードノート Tシリーズ
モバイルノート
RXシリーズ
Nシリーズ
デタッチャブル

法人のお客様


サポート情報


上に戻る