東芝トップページ
お問い合わせ
dynabook.comトップページへ
Microsoft(R) タグライン
東芝ノートPC早わかり / 環境調和
 
<レグザリンク(HDMI連動)>早わかり <高音質サウンド>早わかり <Office PowerPoint 2007>早わかり <東芝+Windows Vista(R)>早わかり <多彩な楽しみ>早わかり 環境調和
閉じる
環境調和
東芝は、社会のニーズに応え、環境との調和に配慮したノートPCづくりを進めています。
 
国民運動「1人、1日、1kg CO2削減」に、 お使いのデスクトップPCをノートPCに替えることで参加しよう![CO2排出量の削減]
今お使いのデスクトップPC、または、これから買おうとするデスクトップPCを、ノートPCにするだけで、CO2を1日あたり“約80g”、年間で“約30kg”削減できます。これは、「1人、1日、1kg CO2削減運動」で推奨している「風呂の残り湯を洗濯に使いまわすこと」、「テレビなどのコンセントをこまめに抜くこと」さらには、「シャワーを1日1分減らすこと」などの削減行動よりも、高い効果があります。持続可能な地球環境の発展のためにも、これからのPCは、ノートPCを選びませんか。
イメージ:家庭のPCから、1年間で排出されるCO2量を比較すると・・・ノートPCなら、CO2排出量を半減します!
●ライフスタイルの見直しによるCO2排出量の削減例[1人/1日*]
風呂の残り湯を洗濯に使いまわす …約7g
白熱電球を、電球形蛍光ランプに替える …約45g
レジ袋を使わずマイバッグを持ち歩く …約62g
テレビなどのコンセントをこまめに抜く …約65g
シャワーを1日1分減らす …約74g
PCをデスクトップ型からノート型に替える …約80g
* 「PCをデスクトップ型からノート型に替える」の場合、1人1台として算出しています。算出方法の詳細はこちら
めざせ! 1人、1日、1kg CO2削減
「チーム・マイナス6%」が推進する、家庭でのCO2削減目標は、年間約3,700万トン。ライフスタイルを見直せば、十分達成できる数字です。現在、国民 1人あたりが排出するCO2量は、1日平均で約6kg。そこで、「1人、1日、1kgのCO2削減」チャレンジ宣言運動が展開されています。みなさまぜひ、CO2削減のためにも東芝ノートPCをお使いください。 めざせ! 1人、1日、1kg CO2削減
めざせ! 1人、1日、1kg CO2削減
※CO2削減量は、製品の製造から廃棄段階までの生涯排出量で比較するため、LCA評価手法に基づく当社測定法より算出しています。LCA算出時の使用条件〈家庭での使用条件〉は、省エネルギーセンターの使用条件に基づき、1週間で15時間使用(動作状態10時間、待機状態5時間)。1年を52週として算出。PC利用は5年間として算出しています。
※CO2排出量は、一般的に最も利用されているタイプのノートPC(15型程度の液晶/CeleronタイプのCPU)と、基本的なスペックが同等のLCD付きデスクトップPCとを比較しています。
※「身近な地球温暖化対策〜家庭でできる10の取り組み〜」(環境省)などから抜粋。
東芝はチーム・マイナス6%に参加しています。「ハロー!環境技術」エコ製品で止めよう温暖化 チーム・マイナス6%
toshiba note pc  ECOLOGY NOTE
 
有害物質の使用禁止を定めた「RoHS*1指令」、「J-Moss*2(グリーンマーク)」に適合。
RoHS指令に対応 グリーンマーク 東芝では、これまでも地球環境に配慮したノートPCの開発に努め、2005年1月からはプリント基板と筐体についてEU(欧州連合)RoHS*1指令に対応したノートPCを発売してきました。東芝ノートPCは、製品全体がRoHS指令に対応しています。また、J-Moss*2(電気・電子機器の特定化学物質の含有表示方法)にて規定されている特定化学物質の含有率が基準以下であることを示すグリーンマークに適合しています。
*1 RoHS:Restriction of the use of certain Hazardous SubstancesEU(欧州連合)では、コンピュータや通信機器、家電などで 特定有害物質(6物質群)の使用禁止を定めたRoHS指令が2006年7月から施行されています。
*2 J-Moss:電気・電子機器の特定化学物質の含有表示方法について規定した日本工業規格(JIS C 0950)です。
欧州RoHS、J-Mossで対象となる特定有害物質
●鉛(Pb) ●六価クロム(Cr6+) ●水銀(Hg) ●カドミウム(Cd) ●ポリ臭化ビフェニル類(PBBs) ●ポリ臭化ジフェニルエーテル類(PBDEs)
有害物質含有の除外規定についてはJ-Moss、欧州RoHSで異なる部分もありますが、本製品は双方の基準に適合しています。当社のパソコン製品本体に組み込まれる各部品については、RoHS適合を確認する詳細な回答書を部品メーカーから取得しています。さらに当社内でも部品の成分分析をおこなう二重の確認体制をとることで、もし、RoHS規格外品(基準を超える規制物質を含む部品)が混入した場合、直ちにRoHS対応部品への切り替えをおこないます。
特定有害物質イメージ
 
東芝はひとつとしてムダがないPCを目指しています。リサイクル
ノートPCの製造では、金属からプラスチックまでさまざまな資源が使われ、また、電力その他のエネルギーにも深く依存しています。東芝では、ノートPCの開発・製造・使用・廃棄の製品ライフサイクルを通じて、リサイクルを容易にし、エネルギーの効率的な利用を図るため、ライフサイクルアセスメント(LCA)システムを構築。環境調和型製品の開発、有害廃棄物の削減、使用済み製品の回収・リサイクルなどに取り組んでいます。
http://dynabook.com/pc/eco/recycle.htm
ライフサイクルアセスメント
 
ご不要になったPCを回収・リサイクル
東芝では、資源循環型社会のために、使用済みPCの回収・資源化をおこなっています。
詳細はこちらをご覧ください。 http://dynabook.com/pc/eco/recycle.htm
PCリサイクルマーク
PCグリーンラベルの基準に対応
本製品はPC3R「PCグリーンラベル制度」の審査基準(2008年度版)を満たしています。
詳細はこちらをご覧ください。 http://www.pc3r.jp/greenlabel.html
PCグリーンラベルロゴ
[EPEAT]米国の環境アセスメント「EPEAT」において、海外モデルであるPortege R500(国内ではdynabook SS RX)が、最上位評価の「ゴールド」を獲得。
EPEAT評価(ブロンズ、シルバー、ゴールド)EPEATとは、米国環境保護庁(EPA)のもとで2006年に運用が始まった電子製品の総合環境評価基準です。パソコン(デスクトップPC、ノートPC)とモニターを対象に、有害物質の含有量から省電力性能まで多岐にわたる項目について評価し、3段階の格付け(ゴールド・シルバー・ブロンズ)をおこなうもので、米国やカナダの政府調達基準としても活用されています。Portégé R500が最上位評価の「ゴールド」 を獲得したことで、環境への配慮でも優れていることが米国において認められました。
EPEATの評価基準
環境に影響を与えうる材料の使用削減・除去 材料の選定
使用済みになった時のための設計 製品の耐用年数
省エネ 使用済み製品の管理
会社のパフォーマンス 梱包
※EPEAT : Electronic Product Environmental Assessment Tool
 
ご不要になったPCを回収・リサイクル
東芝dynabook リサイクルセンタ
資源循環型社会のために、使用済み
PCの回収・資源化をおこなっています。
ネットで http://dynabook.com/pc/eco/recycle.htm 24時間受付
Telで 043-303-0200
受付時間/10:00〜17:00(土・日・祝日・当社指定の休日を除く)
Faxで 043-303-0202 24時間受付
 
バッテリのリサイクルにご協力ください。
東芝は資源有効利用促進法に基づき小形二次電池(充電式電池)の回収・再資源化の促進をおこなっております。使用済みの取り外し可能な充電式電池は電器店などに設置している「充電式電池リサイクルBOX」に入れてください。無料回収いたします。http://www.jbrc.net/hp/contents/index.html OtherSite
 
東芝PCの環境活動
 
このページのトップへ
<レグザリンク(HDMI連動)>早わかり <高音質サウンド>早わかり <Office PowerPoint 2007>早わかり <東芝+Windows Vista(R)>早わかり <多彩な楽しみ>早わかり 環境調和
閉じる
 
東芝トップページ 個人情報保護方針 サイトのご利用条件 Copyright(C) TOSHIBA CORPORATION, All Rights Reserved.
http://beatjam.justsystem.co.jp/app/static/top/paudio.html http://beatjam.justsystem.co.jp/app/static/top/paudio.html