dynabookPC

サイトマップ
東芝トップページ > AV・デジタル機器 > PC〈dynabook〉トップ > 企業向け情報 > 従来と比べて消費電力を削減できる15.6型ビジネスノートPC「dynabook Satellite B35」の発売について

東芝がお勧めする Windows.

従来と比べて消費電力を削減できる
15.6型ビジネスノートPC「dynabook Satellite B35」の発売について

〜 情報漏えい対策を強化したHDDまるごと暗号化ソフトを同時投入 〜
2015年6月4日
株式会社東芝 パーソナル&クライアントソリューション社
dynabook Satellite B35 節電に貢献するビジネスノートPC

当社は法人向けに、消費電力を従来注1と比べて最大約30%削減できる、節電効果の高い15.6型ビジネスノートPC「dynabook Satellite B35」を6月8日から販売します。あわせて、昨今問題となっているスマートフォン接続による情報漏えいの防止に対応したHDDまるごと暗号化ソフト「Smart DE」注2を同時発売します。

◆ 省電力設計により節電・節約に貢献

低消費電力の第5世代インテル®Core™プロセッサーを搭載し、従来モデル注1では65Wだった最大消費電力が45Wに低減するため、最大で約30%の節電が可能です。また、当社独自のすり合わせ技術により、今回採用した低消費電力CPUの性能を最大限に発揮させながらも注3、標準バッテリーで約9時間注4の長時間駆動を実現しました。電力需要の高い昼間の就労時間帯にバッテリー駆動だけで使えるため、昼間の節電に貢献するとともに、消耗したバッテリーを電気代の安い深夜電力で自動充電注5させることで、電力需要の平準化と節約にも貢献します。

◆ 使いやすさと堅牢性を追求

従来と比べて注6部品点数を削減することで省資源化に配慮するとともに、従来比注7で約11mmスリムな最厚部約23.9mmの堅牢薄型筐体を実現しました。社内モバイルなどでの持ち運び利用がしやすくなり、セキュリティのためにロッカーやデスクへ収納することも容易です。また、移動や落下等による振動・衝撃から大切なデータを保護するために、3D加速度センサーやHDDフローティング構造を採用しているほか、第三者機関の100kgf面加圧テスト、76cm落下テスト、30cc防滴テストといった過酷な評価テストにより、製品の堅牢性も検証しています注8

◆ 充実のインターフェースを搭載

USB×4、RGB、HDMIなどビジネスに必須のインターフェースを搭載したほか、光学ドライブは書き込み機能を有さないDVD-ROMドライブが選択可能です。

◆ スマートフォン接続による情報漏えいに対応

同時発売する自社開発のHDDまるごと暗号化ソフト「Smart DE」注2には、PCへの接続を禁止できる外部機器として、従来のUSBメモリ・SDカードにくわえ、スマートフォンを追加しました。HDDをまるごと暗号化できるだけでなく、昨今問題となっている、スマートフォンを使ったデータ流出を防ぐことができます。

注1
「dynabook Satellite Bシリーズ(B654/M、B554/M、B454/M)」(最大消費電力65W)との、最大消費電力に おける比較。
注2
本製品はプレインストールされていません。ご使用になる場合は、ライセンス+年間利用権のご購入が必要となります。対応OSなどの製品の詳細に関しましては「製品情報Web別ウィンドウが開きます」をご確認ください。 本製品は日本の外為法によるキャッチオール規制品です。また、米国の再輸出規制の対象であり、米国政府で輸 出規制をしている国(イラン・北朝鮮・キューバ・スーダン・シリアなど)は米国政府の許可が必要です。なお、 ロシア・中国・フランスなど暗号化製品の持込・使用が規制されている国もあります。暗号化されたPCの持込・ 使用を禁止していたり、使用する現地法人・事務所ごとに各国政府の使用許可を取得する必要がある場合があり ますので、お客様自身でご確認のうえ手続きを行う必要があります。
注3
本製品に使われているプロセッサー(CPU)の処理能力は、お客様の本製品の使用状況によって異なります。
注4
一般社団法人電子情報技術産業協会の「JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver2.0)別ウィンドウが開きます」に基づいて測定。ただし、実際の動作時間は使用 環境および設定などにより異なります。バッテリー動作時間の測定方法については、dynabook.comのサポート情報をご確認ください。
注5
ピークシフト機能を使うことで、あらかじめ設定した時間にAC電源からの電力供給が開始されます。
注6
「dynabook Satellite Bシリーズ(B654/M、B554/M、B454/M)」との比較。
注7
「dynabook Satellite Bシリーズ(B654/M、B554/M、B454/M)」(最厚部約34.9mm)との、高さにおける比較。
注8
ドイツの認証機関TÜVで実施した耐久テストを 7月下旬クリア予定。 ※無破損、無故障を保証するものではありません。 ※これらのテストは信頼性データの収集のためであり、製品の耐落下衝撃性能や対浸水力、耐加圧性能をお約 束するものではありません。また、これらに対する修理対応は、無料修理ではありません。落下、浸水後は かならず点検・修理(有料)にお出しください。
  • *Intel、インテル、Intelロゴ、Intel Coreは、インテルコーポレーションの商標または登録商標です。
  • *HDMI、HDMIロゴ及びHigh-Definition Multimedia Interfaceは、HDMI Licensing LLCの米国およびその他の国 における商標または登録商標です。

企業向け情報ページURL:http://dynabook.com/pc/business/

新商品について

■dynabook Satellite B35

2015年6月8日から販売開始

http://dynabook.com/pc/business/catalog/satellite/150604b35/

■HDDまるごと暗号化ソフト「Smart DE」 Ver2.7

2015年6月8日から販売開始

http://www.toshiba-tie.co.jp/solution/smartde/別ウィンドウが開きます

その他の新商品について

当社は、デスクトップPCに匹敵する17.3型大型液晶を搭載したビジネスノートPCを商品化し、6月下旬から販売を開始します。

■dynabook Satellite B37

2015年6月下旬発売予定

http://dynabook.com/pc/business/catalog/satellite/150604b37/

以上

お客様からのお問い合わせ先について

「dynabook Satellite B35」および「dynabook Satellite B37」に関するお問い合わせ先
『東芝PCあんしんサポート』
通話料無料 0120−97−1048
受付時間  9:00〜19:00(年中無休)
  • ※電話番号はお間違えのないよう、お確かめのうえおかけください。

携帯電話、PHSからのご利用で上記電話番号に接続できないお客様は、0570−66−6773(通話料お客様負担)で受け付けています。
また、海外からのお電話や一部のIP電話などで、フリーダイヤルやナビダイヤルをご利用になれないお客様は、043−298−8780(通話料お客様負担)で受け付け います。
なお、新商品情報は当社のPC総合情報サイト 「dynabook.com」(http://dynabook.com/pc/business/)でも提供します。

Smart DEに関するお問い合わせ先
東芝情報機器株式会社 経営企画統括部 営業推進部
電話番号 03−5144−3030
受付時間 9:00〜12:00、13:00〜17:00

 (土曜・日曜・祝日、及び当社の休業日を除きます)

Webお問い合わせフォーム https://www.tieis.toshiba-tie.co.jp/formF/input.html別ウィンドウが開きます
  • ※電話番号はお間違えのないよう、お確かめのうえおかけください。
掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ