エネルギーシステムソリューション社/原子力事業統括部

環境活動

ホーム > 環境活動 > 環境経営推進項目

環境経営推進項目

エネルギーシステムソリューション社は、環境経営方針に基づいて、次の環境経営推進項目を定め環境活動を展開しています。

1.環境経営推進項目

推進項目 内容
1.エネルギーシステムソリューション社
    グループ環境経営活動の改善
本社から事業場まで一括して構築したEMSの継続的改善を図ります。
2.法令順守、リスク管理の強化 製品系の順法リスク低減および事業系の東芝環境構造物指針準拠率向上に向けた活動を実施します。
3.地球温暖化の防止 あらゆる事業活動において、省エネルギーを推進し、CO2を始めとする地球温暖化ガスの排出量を削減します。
4.化学物質の排出量削減 あらゆる事業活動において使用している化学物質の管理強化、代替化、回収化の推進により、大気・水域などへの排出量を削減します。
5.資源の有効活用 あらゆる事業活動において廃棄物総排出量を削減します。
海外生産拠点のゼロエミッション達成に向け最終(埋立)処分量を削減します。
6.環境調和型製品の提供 環境自主基準に適合した環境調和型製品(ECP)の比率拡大、ファクター算出による環境効率の向上、製品への特定有害物質(15物質)廃止により、環境に調和した製品を提供します。
7.環境コミュニケーションの充実 社外環境ホームページの更新及び環境報告書の発行を通して、社外に環境情報を提供します。

2.環境目標

環境目標は環境経営推進項目の具体的な到達点や活動施策を定めたものです。
エネルギーシステムソリューション社の環境目標は、東芝グループの環境ビジョン2050に従い、「製品」「事業プロセス」の両面から総合的に環境効率を高めていくために、東芝グループ環境アクションプランを考慮して到達点を決めています。

推進項目 メトリック 2017年度目標 2019年度目標
環境調和型製品の提供
製品環境効率の向上 ファクターT 2.60以上 2.64以上
ecoターゲットの設定 件数(新規) 2 3
エクセレントECPの創出 売上高比 30%以上 30%以上
地球温暖化の防止
エネルギー起源CO2排出量の削減 生産高原単位 30.7ton-CO2/億円 29.9ton-CO2/億円
化学物質の排出量削減
化学物質排出量の削減 生産高原単位 16.5kg/億円 16.1kg/億円
資源の有効活用
廃棄物総発生量の削減 生産高原単位 6.35ton/億円 6.38ton/億円

3.環境目標の達成状況

2016年度の達成状況です。

1.環境調和型製品の提供

2016年度は製品環境効率の向上、ecoターゲットの設定、エクセレントECPの創出のいずれも目標を達成しました。

製品環境効率の向上 メトリック 2016年度目標 2016年度実績 評価
製品環境効率の向上 ファクターT 2.40 2.45 目標達成
ecoターゲットの設定 件数(新規) 2 2 目標達成
エクセレントECPの創出 売上高比率 30%以上 41.3% 目標達成

2.事業プロセスにおける環境負荷の低減

2016年度はエネルギー起源CO2、化学物質、廃棄物のいずれも目標を達成しました。

推進項目 メトリック 2016年度目標 2016年度実績 評価
地球温暖化の防止
エネルギー起源CO2排出量の削減 生産高原単位 31.7ton-CO2/億円 31.1ton-CO2/億円 目標達成
化学物質の排出量削減
化学物質取扱量の削減 生産高原単位 1.66ton/億円 1.24ton/億円 目標達成
化学物質排出量の削減 総排出量 99ton以下 73.9ton 目標達成
資源の有効活用
廃棄物総発生量の削減 生産高原単位 3.81ton/億円 3.30ton/億円 目標達成

評価の凡例

このページのトップへ

エネルギーシステムソリューション社
/原子力事業統括部
事業情報
原子力
火力・水力・地熱・風力
電力流通
受変電機器
太陽光
水素エネルギー
燃料電池
環境活動
環境経営基本方針
環境経営体制
環境経営推進項目
環境マネジメントシステム
グリーン調達
環境教育
社会貢献活動
事業所・関係会社の環境活動
カンパニー情報
カンパニー概要
国内拠点
海外拠点
ニュース&トピックス
採用情報