エネルギーシステムソリューション社/原子力事業統括部

カンパニー情報

ホーム > カンパニー情報 > ニュース&トピックス > ベトナム チュンソン水力発電所が運転を開始 − 東芝水電設備(杭州)が水力発電設備を納入 −

ニュース&トピックス

2017年9月6日
株式会社東芝 エネルギーシステムソリューション社

ベトナム チュンソン水力発電所が運転を開始
− 東芝水電設備(杭州)が水力発電設備を納入 −

 当社グループが水力発電設備を納入したベトナムのチュンソン水力発電所1〜4号機のすべてが、このたび営業運転を開始しました。本発電所の発電設備は、中国における当社グループ会社の東芝水電設備(杭州)有限公司(以下、東芝水電)が中国水電工程顧問集団有限公司(HYDROCHINA CORPORATION)とのコンソーシアムで、2013年8月にベトナム電力公社傘下のチュンソンハイドロパワーカンパニーから受注したものです。

 チュンソン水力発電所は、同国北中部のタインホア省に新設された合計出力26万kWの発電所です。東芝水電は、6.5万kWのフランシス水車注1、発電機および各種付帯設備4セットの供給を担当しました。本プロジェクトは、世界銀行がベトナム向けに初めて融資した案件であり、電力供給に加え、ダム建設により干ばつや洪水対策に寄与することが期待されています。

 ベトナムにはメコン川などの豊富な水資源があり、水力発電は現在、同国のベースロード電源として総発電設備容量の約半数をまかなっています。同国では、高い経済成長を背景に2020年まで年率13%程度で電力需要が増加すると予想されており、発電設備容量を現状の2倍の7,500万kWまで増加させる計画注2があります。

 当社グループはベトナムにおいて、1964年に運転を開始したダニム水力発電所向けに水力発電設備を納めて以来、水車10台、発電機6台の納入実績があります。東芝水電としては、2005年の設立以降、87台の水車・ポンプ水車、101台の発電機・発電電動機を、中国をはじめ東南アジアなどの周辺国で受注し納入しています。今回のベトナムにおける案件は、東芝水電の高い技術力と機器の信頼性などが評価され、東芝水電として同国における初めての受注・納入となりました。

 当社グループは今後も、高品質な発電機器を国内外で展開し、水力発電事業をはじめとした再生可能エネルギー事業での受注拡大を目指します。

注1
中落差から高落差までの流れに対応する水車の種類。
注2
第7次国家電力マスタープラン

 

今回納入した水車
今回納入した発電機

 

以上

※ニュース&トピックス記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ

エネルギーシステムソリューション社
/原子力事業統括部
事業情報
原子力
火力・水力・地熱・風力
電力流通
受変電機器
太陽光
水素エネルギー
燃料電池
環境活動
環境経営基本方針
環境経営体制
環境経営推進項目
環境マネジメントシステム
グリーン調達
環境教育
社会貢献活動
事業所・関係会社の環境活動
カンパニー情報
カンパニー概要
国内拠点
海外拠点
ニュース&トピックス
採用情報