HOME / 採用情報 / 先輩社員の声 / 営業担当

採用情報

先輩社員の声

利他の心が、私の営業コンセプト。お客様の視点で考えれば、発見するものがある。

営業担当

営業担当  2009年入社
学生時代の専攻:商学部

半導体の価値を高める提案営業を実践中

電子部品関連会社の営業職に就いていた人生の先輩の影響を受け、私も半導体業界の営業職を希望するようになりました。電子機器は技術の進化のスピードが速く、また、私たちの日常生活においても必要不可欠なものになっています。現在、長野県の松本事務所に勤務していますが、県内に製造拠点を構える電子機器メーカーに対し、注目を集めるウェアラブル端末向けの半導体を中心に営業活動しています。私自身が提案営業して携わってきた製品が、新製品として世の中に出ていく事にこの仕事の魅力を感じています。

お客様へのご提案において、特に意識していることは、多種多様な要求に対し、半導体製品がどのような場面でどのように機能するかを、システム全体の観点からご理解いただくことです。また、部品単体では、得てして価格だけの話になってしまいがちですが、提供する半導体の価値をクローズアップさせる提案を心がけています。そのために、東芝のマーケティング部門や技術部門にフィートバックし、実現の可否を検討してもらいます。

お客様に対する東芝デバイスならではの強みを実感中

東芝デバイスの強みは?と聞かれると、私は、「東芝と戦略を一体にした販売会社」という点だと思います。東芝の世界最先端の製品力と技術力をもって、お客様の要望に対して戦略的且つフレキシブルな対応ができるところが強みでしょう。加えて、デバイス製品の取り扱いだけではなく、東芝グループ全体として、他の製品を組み合わせた幅広い提案が可能なこともお客様に対するアドバンテージだと思います。

私が常にお客様目線での対応を意識するようになったのは、学生時代のアルバイトで培った経験が活きているのかもしれません。接客では常に気を配り、先手を打つアプローチで最高の満足を味わっていただくことにエネルギーを注ぎました。 また、自分の損得よりも相手の利益を考えて行動するという「利他の心」を説いた本に出合った時、まさに営業活動に通じると思いました。お客さんの満足度を高めることでその後の良い関係性を築くことができ、好循環が生まれます。お客様が例え不必要だと思う提案を受けても、「この人の言う事なら検討だけでもしてみよう」という気持ちになっていただければ次につながるのです。

営業の仕事は、社内の人間やお客様との信頼関係がなければ前進しません。この言葉を知ってから、利他の心を持って営業活動に邁進しています。新しく営業の戦力となる皆さんと、この気持ちを大切に頑張っていきたいと思います。