HOME / 会社情報 / 安全健康基本方針

会社情報

安全健康基本方針

東芝デバイス株式会社は、人間尊重を旨とする『東芝グループ経営理念』に基づき、サステナビリティ経営推進企業として世界各国の文化や慣習を尊重しながら、持続可能な社会の実現に貢献する事業活動を展開していきます。そのために、全ての事業活動において生命・安全・法令遵守を最優先し、当社をあげて「安全で快適な職場づくりと心身の健康保持増進」を推進します。

  1. 安全健康を経営の最重要課題の一つに位置付け、「安全健康管理活動の継続的な改善」により「業務に起因する負傷および疾病の予防」に努めます。
  2. 労働安全衛生法規等および当社が履行することを決めた指針および自主基準等を遵守します。
  3. 次の事項について目標・目的を定め実行します。
    1. 労働災害や職業性疾病の撲滅ならびにこれらを誘発する危険源の除去およびリスクの低減。特に社有車の運転に起因するリスクの低減に注力する。
    2. 全従業員が個々の能力を十分発揮するための心身の健康保持増進。特に当社の実態に則したメンタルヘルスならびに生活習慣病等の改善と効果的支援策に注力する。
  4. 当社の事業にかかわる多様な立場の働く人々およびその代表と安全健康への取組みを適切に協議し、参加を支援します。
  5. 各種の安全健康コミュニケーションを通じ、社会の安全健康管理水準の向上に貢献します。

2021年4月1日
東芝デバイス株式会社
代表取締役社長 浜田 浩一