トップページ > 環境・安全への取組み/環境方針

環境・安全への取組み

環境方針

環境報告書 2021

環境報告書 2021の画像(PDF形式:1.99MB)

理念

姫路東芝電子部品株式会社は、東芝グループの経営理念である「人と、地球の、明日のために。」に基づき、豊かな価値の創造と地球との共生を図ります。また、脱炭素社会、循環型社会、自然共生社会を目指した環境経営により、持続可能な社会の実現に貢献し、新しい未来を始動させます。

方針

姫路東芝電子部品株式会社は、東芝デバイス&ストレージ株式会社グループの環境方針に基づき、世界文化遺産の「国宝姫路城」や豊かな流れの揖保川、そして瀬戸内海に隣接する自然環境の中で、半導体用部品・精密金型等を製造・販売する東芝デバイス&ストレージ株式会社グループの一員として、ライフサイクルの視点に立って環境に配慮した"ものづくり"の推進を、企業経営の最重要課題の一つと位置付け、全社員(構内取引先の社員含む)で環境活動に取組み、当社の環境経営体制及び循環型社会構築のため社会的責務を果たしていきます。

  1. 法令、当社が同意した業界などの指針及び自主基準など当社の環境側面に適用可能な法的及び
    その他の要求事項を順守すると共に、環境活動レベル及び環境パフォーマンスの向上を図るため、内部環境監査等の実施や活動のレビューにより環境マネジメントシステムの継続的な改善を行ない、環境経営の効果的な運用を推進します。
  2. 企業活動の実行においては、全ての事業プロセスにおける環境側面について、生物多様性を含む環境への影響を評価し、環境負荷の低減、汚染の予防などに関する環境目的及び目標を設定して、技術的、経済的に可能な範囲で積極的な環境施策を展開します。
    1. 1)地球温暖化防止の推進
      動力設備及び製造設備等の省エネルギー化を図り、CO2排出量の削減を行ないます。
    2. 2)資源の有効利用推進
      廃棄物の再資源化、抑制、削減及び水資源の有効活用、製品の省資源化等を行ないます。
    3. 3)環境意識の向上・社会貢献活動及び環境コミュニケーションの推進
      環境行事による環境意識の向上を図ると共に、生物多様性の保全を行なうために、事業活動が生物多様性に及ぼすかかわりを把握し、生物多様性に及ぼす影響の低減を図り、また、社会貢献活動を推進します。

〜この環境方針は、社内外に開示するとともに当社内で働くすべての人々に周知します〜

ISO14001:2015 登録証

ISO14001:2015 登録証の画像
ISO14001:2015 構成組織明示登録証の画像

ページの先頭へ