当社の取り組み

労働安全衛生

東芝ディーエムエス安全健康基本方針

当社は、人間尊重を旨とする『東芝グループ経営理念』に基づき、サステナビリティ経営推進企業として世界各国の文化や習慣を尊重しながら、持続可能な社会の実現に貢献する社会インフラ製品向けプリント配線板、実装基板・モジュール製品の設計及び製造を中心に事業活動を展開していきます。

そのために全ての事業活動において生命・安全・法令遵守を最優先し、「安全で快適な職場環境づくりと心身の健康保持増進」を推進します。

  1. 安全健康を経営の最重要課題の一つに位置づけ、「安全健康管理活動とパフォーマンスの継続的な改善」により、「業務に起因する負傷および疾病の予防」に努めます。
  2. 当社の事業活動を行うために該当する労働安全衛生法規および当社が履行することを決めた指針および自主基準等を遵守します。
  3. 次の事項について目標を定め実行します。
    • (1) 労働災害や職業性疾病の撲滅ならびにこれらを誘発する危険源の除去および以下のリスク低減。
      1. 機械設備取扱い作業のリスク
      2. 危険・有害物取扱い作業のリスク
      3. 転倒による災害リスク
    • (2) 全従業員が個々の能力を十分発揮するための心身の以下の健康保持増進に取り組みます。
      1. 従業員の健康課題の把握と必要な対策の実施。
      2. 健康経営の実践に向けた基礎的な土台づくりとワークエンゲイジメントの実施。
      3. 従業員の心と身体の健康づくりの実施。
  4. 当社事業にかかわる多様な立場の働く人々およびその代表と安全健康への取り組みを適切に協議し、参加を支援します。
  5. 各種の安全健康コミュニケーションを通じ、社会の安全健康管理水準の向上に貢献します。

2021年4月1日
代表取締役社長 新田 一彦

  • ※ ワークエンゲイジメン卜とは、仕事に誇りややりがいを感じて熱心に取り組み、仕事から活力を得ていきいきしている状態。

[イメージ] 別ウィンドウアイコンこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きます。

このページのトップへ