当社の取り組み

環境対応

産業機器用プリント回路の環境対応ソリューションサービス

[イメージ] 東芝ディーエムエスが提供する、トータル環境対応ソリューション。

環境保全基本方針

当社は、東芝インフラシステムズ(株)の一員として、社会インフラ製品向けプリント配線板、実装基板、モジュール製品の設計及び製造を中心に事業活動を展開し新たな価値を創造していきます。

東芝グループ理念体系における「人と、地球の、明日のために。」の信念のもと、気候変動への対応、循環経済への対応、生態系への配慮により、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献し、新しい未来を始動させます。

  1. 環境保全への取り組みを会社経営の最重要課題の一つとして位置付け、事業活動を通じ環境マネジメントシステムの継続的な改善・向上に全員で取り組くむと共に、環境教育・啓発活動の継続的な実施により、環境意識の向上に努めます。環境側面については生物多様性を含む環境への影響を評価し、環境負荷の低減に向けた環境目標を設定して、環境保護を推進します。
  2. 事業活動において、次の環境配慮活動に取組み、持続可能な資源の利用に努めます。
    • (1) 生産設備等に使用する電気等の効率的利用によるCO2排出量の抑制をします。
    • (2) 資源の有効性を認識し、資源の有効活用と廃棄物の発生を抑制します。
    • (3) 化学物質による汚染の予防、環境リスクの低減に取り組みます。
    • (4) 環境負荷の少ない物品や材料を購入するグリーン調達を推進します。
  3. 環境保全に関する法令・協定等、当社が同意したその他の要求事項に立ち、より厳しい自主基準を設けて管理します。
  4. 信頼されるパートナーとして東芝インフラシステムズ(株)府中事業所と連携して地域・社会、取引先との協調・連携により環境活動を通じて社会に貢献します。
    • (1) 取引先に対して指導・支援を行います。
    • (2) 相互理解の促進のために、積極的な情報開示とコミュニケーションを行います。
    • (3) 地域社会の環境活動に参画・協力します。

2021年4月1日
代表取締役社長 新田 一彦

[イメージ] 別ウィンドウアイコンこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きます。

このページのトップへ